オーケストラ Research Memo(5):マーケティングオートメーション領域で独自ポジションの確立目指す

投稿:2019/04/11 15:15
■中長期の成長戦略

デジタルマーケティング事業の主要領域であるインターネット広告市場は、2018年は前年比116.5%と成長している。その中でもOrchestra Holdings<6533>が注力する運用型広告市場は、前年比122.5%と際立った成長を続けている。また、ソリューション事業については、IT人材不足が続いており、2018年においてIT人材は24万人の不足、2030年には59万人の不足まで拡大する見込みである。

事業別の成長戦略においては、好調が持続するデジタルマーケティング事業にて、市場成長を着実に捉えて全体の成長をけん引すると共に、ソリューション事業を早期に第2の事業・収益の柱とするべく、積極的な採用とM&Aによる開発体制拡充によりIT人材需要の取込みを加速し、クラウドインテグレーション、RPA等の急成長市場でのプレゼンスを拡大する計画である。ライフテクノロジー事業においては、プラットフォームの横展開や他社とのアライアンスにより、サービスのバリエーションを増やし飛躍的成長を目指している。

更に、事業間のシナジーを生かして各事業の成長を加速するとともに、ソリューション事業とデジタルマーケティング事業の連携により、クライアントのマーケティングオートメーションツール実装とデジタルマーケティング施策立案を一気通貫でサポート可能な体制を構築することで、他社との差別化を図り、独自ポジションの確立を図っている。

同社はこれまでM&Aを行ってきた中で、M&A先となる企業の目利き、M&A後のPMI(経営統合作業)についてもノウハウを蓄積してきた。この強みも生かし、先端IT人材を有する企業を中心にソリューション事業に関わるM&Aを継続的に実施する計画である。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 内山崇行)


<HN>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,211.0
(15:00)
-1.0
(-0.08%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.5 22.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介