資生堂、コスモス薬品などインバウンド関連に売り優勢、訪日外客数伸び鈍化で利食い◇

投稿:2019/02/21 10:57
資生堂、コスモス薬品などインバウンド関連に売り優勢、訪日外客数伸び鈍化で利食い◇  コスモス薬品<3349.T>、サンドラッグ<9989.T>などドラッグストアのほか資生堂<4911.T>、ファンケル<4921.T>など化粧品株の一角が売り優勢の展開。前日発表された1月の訪日外客数は前年同月比7.5%増の268万人と4カ月連続の増加を示したが、伸び率が2ケタに届かず、鈍化していることがインバウンド関連株全般には向かい風となっている。きょうは全体相場も先物主導で日経平均は前日終値を下回って推移しており、内需のディフェンシブセクターも利益確定売りの対象となっている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
17,630.0
(15:00)
---
(---)
4911
8,610.0
(15:00)
+85.0
(+1.00%)
3,175.0
(15:00)
+55.0
(+1.76%)
3,005.0
(15:00)
+67.0
(+2.28%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

87.6 12.4
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介