【売り】大塚家具(8186) 店頭販売が不調で3期連続最終赤字! フェアトレード 西村 剛

投稿:2019/02/15 19:09

業績に不透明感が残る

同社は高級家具に強みを持つ家具専門店です。

直近発表の2018年12月期決算では、
売上高373億8800万円(前年同期比-9.0%)
営業利益-51億6800万円(前年同期-51億3600万円)
当期純利益-32億4000万円(前年同期-72億5900万円)
と3期連続で最終赤字となっています。

特に大型店での入店者数が減少しており、厳しい状況が続いています。
また、コンサルティング型の店舗を増やすため、売り場面積の縮小を進めていますが、商品の入れ替えなどの対応が不十分だったことにより売上高が減少しています。

EC販売などで海外展開を図っていますが、国内の立て直しが進んでおらず、同社の業績に不透明感が残ります。

これを受け年初から上昇基調だった同社株は反転、2月15日には一時ストップ安となる380円をつけました。

RSI(9日)は47.24%と売られすぎの水準まで下落していないため、もうしばらく調整が続くと判断しました。
そのため、この水準での買いは控えたいと判断しました。
西村剛
フェアトレード株式会社 代表取締役
配信元: 達人の予想

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
238.0
(12:53)
-13.0
(-5.18%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

79.4 20.6
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介