ハイアス Research Memo(5):借入金増・自己資本比率低下などあるも、積極的戦略投資によるもので一時的

投稿:2019/01/18 15:15
■ハイアス・アンド・カンパニー<6192>の業績動向

3. 財務状況と経営指標
2019年4月期第2四半期末の総資産は前期末比774百万円増加し、3,317百万円となった。内訳を見ると、流動資産が前期末に比べ476百万円増加した。これは、現金及び預金が197百万円、受取手形及び売掛金が127百万円、販売用不動産が136百万円、それぞれ増加するなどしたためだ。また、固定資産は同298百万円増加した。これは、モデルハウス展開等に伴い有形固定資産が180百万円、事業譲受に伴う投資その他に含まれる敷金及び保証金が59百万円、それぞれ増加したことなどによる。

一方、負債は2,166百万円となり、前期末に比べ662百万円増加した。主な要因は、短期借入金が500百万円、流動負債のその他に含まれる前受金が56百万円、未払金が37百万円、買掛金が34百万円増加したことによるものである。また、純資産は、新株予約権の行使により資本金及び資本剰余金がそれぞれ35百万円増加したほか、利益剰余金が33百万円増加ことなどから、同111百万円増加し1,151百万円となった。

キャッシュ・フローの状況について見ると、2019年4月期第2四半期末の現金及び現金同等物は946百万円となり、前期末に比べ197百万円増加した。営業活動によるキャッシュ・フローは73百万円の収入となった。これは、主に税金等調整前四半期純利益132百万円の計上によるものである。投資活動によるキャッシュ・フローは369百万円の支出となった。これは、モデルハウス展開などに伴う有形固定資産及び無形固定資産の取得による支出258百万円、事業譲受による支出49百万円、敷金及び保証金の差入による支出61百万円によるものである。また、財務活動によるキャッシュ・フローは494百万円の増加となった。これは、主に短期借入金の純増加額500百万円によるものである。

経営指標を見ると、安全性を表す指標は、短期借入金・その他流動負債の増加により、流動比率、自己資本比率、有利子負債比率のいずれも前期末から悪化している。また、収益性を表す指標については、ROA(総資産経常利益率)、ROE(自己資本当期純利益率)、売上高営業利益率のいずれも前年同期比で悪化している。これらの財務状況の変化については、後述の中期経営計画の目標達成のために、M&Aや開発投資などの積極的な事業成長戦略を進めるうえで資金調達を行った結果で計画的かつ一時的なものであり、期待される投資回収効果によって2~3年程度のスパンで回復していくものと弊社では考えている。したがって、財務状況については現時点では特に問題はないと考える。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 山田秀樹)

<HN>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
329.0
(09:04)
+14.0
(+4.44%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.1 22.9
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介