堀田丸正 Research Memo(7):配当性向20%を基本とする

投稿:2018/12/20 15:07
■株主還元策

堀田丸正<8105>は株主還元策として配当を実施している。2017年3月期までは収益力以上の配当を継続してきたが、2017年6月のRIZAPグループ入り以降は、同グループのグローバルSPA(グローバル規模で、素材開発から企画・生産、販売に至るまでのプロセスを一貫して行う製造小売モデル)戦略の中核企業としての持続的な競争力の確立を推進している。そのため、当面は、意匠撚糸事業、その他既存事業への成長投資を優先させるために、2018年3月期からは配当性向20%を基本方針に据えた。2019年3月期についても、期末配当0.25円、配当性向20.2%を予定する。継続的に配当を実施できる収益基盤を確立し、より一層の業績拡大を図り増配を目指す方針である。

また、同社では2018年3月期より、RIZAPグループと連携した株主優待制度を導入した。すなわち、500株以上、1,500株未満の株主はRIZAPグループ商品2,000円相当、1,500株以上~2,500株未満の株主は同6,000円相当、2,500株以上の株主は同10,000円相当の商品を、同社商品を含むRIZAPグループ各社の商品から選ぶことができる内容。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)

<MH>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
103.0
(04/19)
-2.0
(-1.90%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

84.6 15.4
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介