RPAは反発、ブレインパッドと「EC業務支援パッケージ」を共同開発◇

2018/09/14 10:18
 RPAホールディングス<6572.T>は反発している。13日の取引終了後、子会社RPAテクノロジーズがブレインパッド<3655.T>と共同で、ECショップ運営で発生する業務の自動化を支援する「EC業務支援パッケージ」を開発し、提供を開始したと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 同パッケージは、RPAテクノロジーズが提供するRPAツール「BizRobo! BasicRobo(ビズロボ・ベーシックロボ)」に、ブレインパッドの分析知見などを付加したソリューション「ブレインロボ(BrainRobo)」を提供し開発したもので、顧客獲得を目的とするWeb広告などの効果測定に必要なデータ集計から、商品の販売・配達後のフォローまで、複数のECショップ管理ツールなどですぐに使えるテンプレートを提供。さらに、自動化の対象となる業務の棚卸しや、自社で運用できる体制づくりまでを網羅した支援サービスという。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
6,300.0
(15:00)
-430.0
(-6.39%)
16,900.0
(15:00)
+1,670.0
(+10.97%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

83.2 16.8
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック