エンビプロHDが安い、公募増資などによる希薄化懸念、6月18日に東証1部に指定

投稿:2018/05/29 09:17
エンビプロHDが安い、公募増資などによる希薄化懸念、6月18日に東証1部に指定  エンビプロ・ホールディングス<5698.T>が安い。同社は28日の取引終了後、東京証券取引所の承認を得て6月18日付で東証2部から東証1部へ指定されることになったと発表した。同時に公募増資と売り出しを実施することも明らかにした。この日は公募増資や売り出しによる1株利益の希薄化や需給悪化が嫌気されている様子だ。

 160万9400株の公募増資と99万5000株の売り出し、それに上限39万600株のオーバーアロットメントによる売り出しと第三者割当増資を行う。調達金額は約15億7500万円でグループの設備投資に充てる。発行済み株式数は最大で約15%増える見込み。発行・売出価格は6月5日から8日のいずれかの日に決定する。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
505.0
(01/18)
+18.0
(+3.70%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

88.0 12.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック