<1/15~1/19> 来週の日経平均の動き

2018/01/13 09:09

変化日通過後の変動に注意

正月あけて日常生活も正月気分から徐々に通常の生活に戻ってきた頃かと思いますが、相場の方も正月のご祝儀相場で大きく上昇しましたが、今週はやや調整となり落ち着いたところに戻ってきました。

現在は短期的なトレンドが上昇期間に入っているため、強い流れは自然な流れなのですが、新年早々大発会から3日間で日経平均は1000円以上上げてしまったため、さすがにここまで上がってしまうと少し行きすぎなのでブレーキがかかります。

来週半ばくらいに一旦変化日を迎えるため、あと数日は強い流れが続きますが、その後変化日を過ぎてからは気をつけなければいけません。

次の変化日を過ぎると短期的な流れが下降期間に転換するのですが、下向きに急降下しやすい流れに入るため、一番気をつけなければいけない期間です。

この流れは2月1週目あたりまで続くので、当面は何かの要因が発生して下振れするリスクがあることを意識しておきましょう。

逆に今の強い相場では、このような流れも気にせずグングンと上げてくるかもしれませんが、そのような流れに反する動きをした時は、後になってその反動が必ず返ってきますので、後々の暴落につながりやすくなります。

相場は上がれば下がる、を繰り返し波動を形成しながら動いていくのが自然な流れなので、適度に下がることは必要なのですが、昨年末からの上昇相場では日銀などによる人工的な手が入って押し目なく上昇してきているため、どこかの時点でその歪が現れることになります。

この歪が出る可能性があるのが、来週の変化日以降になるので、今の相場は強いですが、少し警戒もしておきましょう。

短期的な天井圏は24500円、下振れした時の大底圏は22500円となりますが、本格調整となった時は大底圏を割る可能性もあるため、押し目を狙う時はじっくり引きつけてから慎重に入りましょう。
Korosuke
株式会社テラス
配信元: 達人の予想
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

78.6 21.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック