投資歴20年のmasaさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ21件目 / 全5423件次へ »
ブログ

需給を注視

情報誌に掲載されました
詳しい内容はHP上段に書いています。
http://homepage777.life.coocan.jp/

Google Chromeでの表示不具合を修正しました。


勉強できる私の買い付け
http://33masa.blog81.fc2.com/


ツイッタ―
https://twitter.com/mm333m

株日記は「米国株について」を朝の8時頃
「日本株について」を夕方に(1日2回)更新しています。


5月22日 金曜日


日本株について
本日の日経平均株価は、164円安の20388円で取引終了。
取引開始から1時間ほど前日値を挟みながら揉み合いますが、その後は少しずつ下げ幅を拡大。後場は一段安となり、20400円付近での揉み合いに終始しました。


〇東証1部の売買代金と騰落状況
売買代金は1兆9334億円、出来高は12億2919万株。
値上がり銘柄数は631、値下がり銘柄数は1463、変わらずは77銘柄でした。

〇東証1部の業種別ランキング
3業種が上昇、30業種が下落
上昇率の高い順
空運、その他金融、情報通信

下落率の高い順
鉱業、海運、鉄鋼、非鉄金属、保険、銀行

〇日経平均採用銘柄の騰落率
値上がり銘柄数は24、値下がり銘柄数は198、変わらずは3銘柄でした。
上昇率の高い順
ソフトバンクG 2.83%高、富士通 2.68%高、ANAホールディングス 2.09%高、アドバンテスト 1.15%高、協和キリン 1.08%高

下落率の高い順
アマダ 5.56%安、日揮HD 5.04%安、横浜ゴム 4.89%安、T&Dホールディングス 4.83%安、JFEホールディングス 4.74%安

〇米国株の下落は売り材料
ダウ平均 0.41%安(101ドル安)、ナスダック 0.97%安、S&P500指数 0.78%安。3指数揃っての反落は日本株への売り材料。

〇欧州株の下落も売り材料
ドイツ(DAX)1.41%安、フランス(CAC)1.15%安、イギリス(FTSE)0.86%安。米国株より少し強い売り圧力。

〇ドル円相場による影響は限定的
1ドル107円半ばで落ち着いています。株式相場への影響も限定的。


〇需給を注視
しばらくの間、需給の影響が強くなると考えています。


続きは「素人投資家の株日記」で ↓
http://3masa.blog76.fc2.com/

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。