• ポイント
    ---
  • 合計ポイント
    ---
  • ポートフォリオ平均
    ---
  • ポートフォリオ合計
    ---
  • リスペクト
    ---
  • アクセス
    ---

fhaoweuroさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1件目 / 全2件次へ »
ブログ

ツールとして大きな役割があります

 アルコールにはコミュニケ―ション・ツールとして大きな役割があります。もちろんワインにも1本のボトルをシェアし合いながら楽しめるなど人間関係を円滑にするメリットが存在しています。さらに夫婦や恋人同士であれば性的にも密接になれる可能性が高まります。ワインとセックスの関係を学んで、楽しい性生活を送りましょう!

ワインバーにはカップルが多い!

アルコールである以上、シアリス 通販ワインにもコミュニケーションを円滑にする効果があります。程よい酔いは心の距離を近づけますし、楽しい時間を共有できる感覚は何にも代えがたいものがありますよね。特にワインは1本のボトルをシェアするものです。相手のグラスが空いていれば注いであげる、それだけの行為でも「ありがとう」「どういたしまして」という心の交流があるわけです。男女の関係であればより心の触れ合いは密接になりやすいでしょう。美味しいワインを知っている男性はそれだけで魅力的ですし、グラスに口を付ける女性の姿にはなんともいえない色気があります。実際にほろ酔い気分になれば性的な興奮は高まります。威哥王味わい深いブドウの香りはより気持ちを高ぶらせることでしょう。ムードの良いワインバーにはカップルが多いのも納得の話ですよね。

アロマがやっぱりいい!

実際にワインのアロマには、多少の催淫効果が望めるそうです。種類によっていろいろな香りがあります。たとえば気分をリフレッシュさせるシトラス系もあれば、マニア向けの個性的なタール臭も存在します。もちろん性的興奮を高めるようなアロマもあります。赤ワインの種類によってはローズの香りがあります。実はアロマテラピーでバラには「催淫効果がある」とされていて、性的な興奮を高める作用があります。薄暗いバーで二人寄り添いながらローズ香のするワインを飲めば、いい雰囲気になるのは想像に難くありません。ちょっとした知識さえあればワインのチョイスで「意中の女性をHな気分にさせる」ことは難しいことではないわけです。

実は感度も上がる!?

気持だけでなく、感度の面でもワインはある程度の効果が見込めます。どんなアルコールでも適量であれば血行が良くなります。飲み会で体がポカポカしてきて発汗した経験はほとんど誰もがあることでしょう。ワインは種類にもよりますがだいたい15度程度のアルコール度数を誇ります。日本酒くらいの強さとイメージしてください。数杯しか飲んでいなくても、かなり血行が良くなるはずです。実は性感は血行の良さと関係がかなり深いといわれています。実際に男性でも勃起の硬さは血行の良さに依存しますし、女性も性感帯であるクリトリスは充血しているときが最も感じやすい状態です。あまり飲みすぎると神経が鈍るので良くありませんが、程よく飲んだ状態であれば感度はいつも以上に高まるわけです。

催淫剤とまではいきませんが、ワインには性的興奮を助けてくれる効果は確かにあります。ちょっとした知識とムードを持って、意中の彼女と、また夫婦での性生活をより気持ちの良いものにしてくださいね!

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。