収益性
64
活発度
0
人気度
0
収益量
54
投稿量
50
注目度
50

天地人さんのブログ

最新一覧へ

« 前へ310件目 / 全3724件次へ »
ブログ

2016年8月31日(記録のみ)

日経平均 ; 16887.40 (+162.04)
TOPIX ; 1329.54 (+16.73)
JASDAQ指数 ; 2467.01 (+5.16、3日続伸)
マザーズ  ; 903.91 (+4.35、3日続伸)

日経平均は反発。8月も終わり・・・ですが、振り返ってみるとこの8月は地味に成績が良く、9割方プラスでした。去年は8月のお盆の後、散々痛い目にあったので、今年もここから気を引き締めていかないといけませんね。

------------------------------

日経平均は162円高と大幅反発、半月ぶり1万6800円台回復、銀行株など広範囲に物色=31日後場
8月31日(水)15時26分配信 モーニングスター

 31日後場の日経平均株価は前日比162円04銭高の1万6887円40銭と大幅反発。終値での1万6800円台は15日(1万6869円56銭)以来半月ぶり。円安を好感した前場の好地合いを引き継ぐ形で後場寄り付きは買い物がちで始まり、ジリ高歩調となった。中盤に一服する場面もあったが、根強い買い(買い戻し)が続き、午後2時38分には、この日の高値となる1万6917円86銭(前日比192円50銭高)を付ける場面があった。銀行株や輸出関連株など広範囲に物色され、堅調に推移した。ただ、週末に米8月雇用統計の発表を控えていることもあり、積極買いは限定された。

 東証1部の出来高は20億8928万株、売買代金は2兆2045億円。騰落銘柄数は値上がり1459銘柄、値下がり404銘柄、変わらず109銘柄。

 市場からは「1ドル=103円台に入った円安の影響が大きいが、自動車、メガバンクなど指数寄与度の高い銘柄が堅調に推移し、雰囲気は良くなっている。ただ、週末が近づくにつれ、米雇用統計待ちのムードになりやすい」(準大手証券)との声が聞かれた。

 業種別では、三菱UFJ <8306> 、三井住友 <8316> 、みずほ <8411> などの銀行株が上昇。野村 <8604> 、大和証G <8601> などの証券商品先物株も堅調。東電力HD <9501> 、中部電力 <9502> などの電気ガス株も買われた。JAL <9201> 、ANA <9202> などの空運株が引き締まり、17年4月の経営統合で最終合意したJX <5020> と東燃ゼネ <5012> などの石油石炭製品株も高い。

 個別では、モルガン・スタンレーMUFG証券が新規に「オーバーウエート」、目標株価1300円でカバー開始のミネベア <6479> は上伸。有機EL関連の保土谷化学 <4112> も値を上げ、フュージョン <4845> 、ミツミ <6767> 、竹内製作 <6432> などの上げも目立った。

 半面、アステラス薬 <4503> 、田辺三菱 <4508> などの医薬品株が軟調。ローソン <2651> 、良品計画 <7453> などの小売株も売られた。LIXILG <5938> などの金属製品株や、NTT <9432> 、NTTドコモ <9437> などの情報通信株も安い。

 個別では、公募増資などを発表したイオンFS <8570> が大幅安。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が投資判断・目標株価を引き下げた東映 <9605> や、ネクステージ <3186> 、クスリアオキ <3398> 、オハラ <5218> 、トクヤマ <4043> などの下げも目立った。なお、東証業種別株価指数は全33業種中、29業種が上昇した。

------------------------------
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • コモディティ:

  • タグ:

    ---
コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。