収益性
52
活発度
56
人気度
51
収益量
50
投稿量
93
注目度
60

元祖SHINSHINさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ225件目 / 全1769件次へ »
ブログ

「所は茅ヶ崎の、藤沢駅からかなり遠い」デジャブ

昨晩のブログを書いて、夜が明けたら気がついた。

飯能の方に何の意味があるのかは不明だが、

「所は茅ヶ崎の、藤沢駅からかなり遠い」の方は、意味がわかった。

 

**************************************

「ほら、テーブルの上の堅い黒いものに触れなさい。

 しっかり握るんだよ。

 そうそう。

 まだ引き金にさわってはいけない。

 そうっとそれを自分のこめかみにぴったりくっつける。

 どうだ、冷たいだろう。

 いい気持ちだろう。

 熱の熱いときの氷枕のように、頭がスッキリするだろう。

 それからおもむろに、人差指を引き金にあてて・・・・・・」

 

    17

 

・・・・・・羽仁男の指は、今まさに、拳銃の銃口を自分のこめかみへあてて、

その引き金を引こうとしていた。

 

そのときである。

 

何ものかがとびついてきて、拳銃を奪い取ると、

つづいて銃声がすぐ身近にとどろき、

犬がしきりにキャンキャンと鳴く声が羽仁男の耳を占めた。

 

このショックが、薬の効き目を中断したものらしく、

彼は頭を振って立ち上がった。

嘘のように室内がはっきり見えてきた。

 

彼の足下には、例の女がこめかみから血を流して、

ねじれたような格好で倒れていた。

 

**************************************

★「命売ります」

  三島由紀夫著 ちくま文庫 2015.7.25.第19刷 P.78~79より抜粋

 

その薬を飲むと、人の言いなりになってしまうという。

元々死にたかった羽仁男は、「命売ります」という新聞広告を出しており、

この薬の実験のため、依頼がかかったのだった。

 

この抜粋した箇所は、二番目の依頼で起きた話。

場所は、「所は茅ヶ崎の、藤沢駅からかなり遠い」中島宅になっている。

 

すっごい。

若いころ、藤沢駅北口でオイラがやらかした光景と、似ている。

その話は、マエストロ掲示板で、詳しく書いた。

その後、色々なことが起きて、何もかもが小説の材料になってしまった。

 

だれか、タマルを呼んでくれないか。

それとな、薬屋のシンちゃんもだ。。

 

三島由紀夫まで、オイラのことを、こんな予言的な材料にしていたとは・・・。

不思議もここまで極まると、却って爽快だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。