収益性
0
活発度
0
人気度
53
収益量
0
投稿量
78
注目度
58

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ6件目 / 全1494件次へ »

米国大統領選、、トランプ、ヒラリーでどうなるか

・ トランプは利上げ主張。米国の金融政策は不安定化し、世界経済も不安定化へ。

・ トランプは在外米軍基地負担の見直しを主張。日米欧に亀裂。中露に間隙を突かれ、平和が脅かされ得る。これも世界経済不安定化要因。


・ それでもトランプが支持を集めるのは、富裕層へ富が集中し、一般国民が見放されてるとの思いが広がっているため。既存の政治家ではこの枠組みを変えられないと思われている。


・ トランプの経済政策、防衛政策はハチャメチャだが、軍や官僚がそれを矯正するだろうという楽観もあり。


ーーーーーーーーーーーーーー


・ トランプは既得権益層でなく民間の成功者だが、それでも富裕層優遇は変わらない可能性が高い。

・ トランプ自身が富裕層ゆえ、富裕層優遇税制も経営者への過剰高額報酬も「形を変えて」温存されるだろう。


・ トランプはこうした問題への不満を海外や他問題へのスケープゴート化で処理するのでは?

・ オバマ政権が進めた野放図な移民政策は確かに米国の国民益を損なったので、その解決をスケープゴートにするのは正解。結局、ある問題は解決されてもコアな問題(富裕層問題)はそのまま残る。

・ 加えて、経済の不安定化で、国民の左傾化が一層進む可能性が高く、国民左傾化&富裕層問題残存で、トランプ以降は米国の左傾化が進むかも知れない。

・ 米国の左傾化で米国経済は低落し、相対的に中露有利化で、世界平和・世界経済は不安定化。


・ コアな問題にある程度切り込めるのは、トランプよりむしろヒラリー政権ではないだろうか。

・ 短期的な経済不安定化や日米欧同盟の不安定化もヒラリー政権では起きにくい。

・ トランプ支持が高かったゆえ、ヒラリー政権になっても、オバマ政権で不評だった移民政策は見直される可能性が高い。


・ ヒラリー氏の健康問題は副大統領の人選を誤らなければ問題にならない。



  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    ---
登録日時:2016/10/01(17:25)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。