jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ14件目 / 全1494件次へ »

豊洲市場への移転問題(マスコミ報道の問題)

・ 専門家会議は参考的なもので、工法に対する責任を負わない。それゆえ決定権も無い。責任も決定権も都にある。

・ 最終的には責任、決定権を持つのは民意で選ばれた都知事、もしくはその付託を受けた技術官僚幹部。

・ より有利な工法があるならば、専門家会議の盛り土案を順守するのは都民益に反する


・ 工法変更について専門家会議に伺いを立て直すのはおかしい。専門家会議には責任、決定権がなく、民意で選ばれてるわけでもないからである。

・ 専門家会議の先生によっては責任は負わないのに、決定に関わりたがる方もいる。伺い立て直しでは揉めて工期遅延となる可能性があっただろう。

・ 技術会議で再度検討したのはこうした背景もあり、同じ先生を検討に入れにくくなったためでないか? 


・ 盛り土でもコンクリ遮蔽(空洞化)でも汚染物質が検出されなければ問題なく、現状のコンクリ遮蔽でも汚染物質は検出されてない

・ コンクリ遮蔽のほうが駐車場敷地を別購入し、別途、除染処理する必要もなく、コスト的、工期的に有利

・ 水没の問題は排水装置をつければ済む話であり、これは盛り土案でも地下水位上昇があるので、同様に問題化しうる


・ 現状のマスコミ報道では、技術素人の共産党見解がそのまま報道されている。技術を論じるに、色々な見解を持つ複数の専門家の意見が紹介されてない。TVの赤旗化。 

・ これでは都民益にベストな世論形成に逆行する。世論のミスリード


・ 水没水について強アルカリとの共産党調査団見解があったが、これはコンクリから出てくる成分で汚染物質とは無関係。ホントに強アルカリならば素足で入れないはずである。共産党調査には思い込み、誇張、尾ひれ(デマ)が多いように見受けられる。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


・ 入札の問題はオリンピック施設絡みの工期のきつさが影響してる可能性あり。
・ 工事の手戻りがないように安値だけの業者を排除し、業者を絞り込んだのかも知れない

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

・ 工期、コストなど都民益を考えれば、現状の工法で工事を速やかに終えるのがベスト。
・ 入札絡みの汚職調査は工事と切り離して考えるべきで、問題あれば徹底処断。


  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マスコミ その他
登録日時:2016/09/16(02:05)

 通報する

このブログへのコメント

1~3件 / 全3件

  •  通報する

    2016/09/17(15:57)
    東京は大変

    真実は、現場にいた人

    施設の設計[編集]
    水産仲卸売場棟、水産卸売場棟、青果棟の設計は日建設計が行っている。[7]
    施設の施工[編集]
    豊洲市場の施工は以下のジョイントベンチャー(JV)が行っている。[8]
    水産仲卸売場棟 - 清水建設・大林組・戸田建設・鴻池組・東急建設・錢高組・東洋建設JV、
    水産卸売場棟 - 大成建設・竹中工務店・熊谷組・大日本土木・名工建設・株木建設・長田組土木JV
    青果棟 - 鹿島建設・西松建設・東急建設・TSUCHIYA・岩田地崎建設・京急建設・新日本工業JV

  •  通報する

    2016/09/19(19:56)
    問題なく、ミスリードかな

  •  通報する

    2016/11/13(23:56)

     問題ないです。

     排水基準でいいものを飲料水の基準で喚いてる。


     工事絡み、利権絡みで問題あるなら、それはゼネコンでなく中小下請けの方ですよ。そっちが政治絡みだから。


     

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。