証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

jojuさんのブログ

最新一覧へ

4月末会合でも日銀は動かなかった(官僚やりたい放題)

 4月末会合でも日銀は全く動かず。

 景気連動のインフレ率が0%に下がり(増税影響除く)、デフレ不況間近なのに何もせず。

 楽観的見通しだけ語り何もせず。

 アベノミクス初期を除き、ほぼずっとこうしたサボりが続いている。

 で、日銀の楽観的見通しは全く外れている。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 夏場頃には日銀の楽観的見通しが間違いなことが明らかになり、昨年末同様、追加緩和に追い込まれる可能性が高いと言われている


 民主党政権と違い、安倍政権は景気浮揚を求めてるので、超円高、デフレ不況にはなっていない

 しかし、それでも高度成長期までの頃と違い、官僚のやりたい放題に近いので、景気はなかなか上がってこない

 結果、デフレぎりぎりになってから、小出しの追加緩和(通貨供給増大)が成される異常な金融政策が続いている。

 経済成長とは経済規模の拡大(=製品・サービスの高度化、拡充、効率化)であり、経済規模拡大に伴い、通貨供給は増大させねばならないのだが、日銀はそれを抑え続けている。

 結果、経済成長は低迷し続け、景気低迷が続き、人口減少になっている 


 世界でこんなことがされてる国は日本くらいである。

 角栄以降(オイルショック以降)、日本は官僚丸投げ政治になっておかしくなった。

 官僚は政治家が放置すると、景気低迷、税収低迷、財政悪化で国民を増税(税率アップ)に追い込みたがる生き物。


 で、TV・新聞は役所の保護規制で平均年収1300万をおう歌する特権業界だから、官僚の増税推進を陰に陽にバックアップするデマ論説を振りまく(インフレ批判、円安批判、アベノミクス批判のデマ)。

 政治家はそれに振り回されて、ますます官僚のやりたい放題になる。

 景気低迷、政権支持率低迷で選挙敗北、自爆に追い込まれる。


ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


 7月に追加緩和が成されない確率も低くはない。

 金融緩和を抑えている張本人は、総裁である元財務官僚・黒田氏(主税畑出身で増税推進側)。

 しかし、自民党の政治家(山本氏など)は日銀は叩くが張本人の黒田氏は叩かない。

 かなり腰の引けた対応である。


 こうした状況だから、これまで通り海外景気が漸次回復しても、それにより(日本に拠点が少ないor海外比率が高い)日本企業の業績が上昇しても(これらは実現する可能性が高い)、通期でそれらが鮮明化するまでは、日本株は上がりにくいかもしれない。


 決算が非常に良くても来期予想が控えめなので、金融政策不透明ならば買い進むのは困難。


、、、、エコノミストの追加緩和時期予想は、7月、10月、追加緩和無しがほぼ拮抗で、これらで8割をしめる。





  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2015/05/05(09:59)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+14.9%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

77.3 22.7
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,360.54

▲ +85.55

TOPIX

1,477.20

▲ +10.24

JASDAQ総合指数

118.66

▲ +0.19

米ドル/円

114.04

▲ +0.18

ユーロ/円

122.08

▼ -0.48

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ