証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

jojuさんのブログ

最新一覧へ

増税+財政出動=再増税。金融緩和不足=再増税

 増税+財政出動というのは景気に対しては矛盾に満ちたポリシーミックス

 ブレーキとアクセル、、しかも非効率なアクセルを踏んでいるから。

 しかし、この矛盾に満ちたポリシーミックスも、その目的が再増税にあるならば、極めて合理的

 これに金融緩和不足を加えるとさらに合理的

 

 増税実施で、次なる再増税に目標がシフトするならば、金融緩和を十分行うことはありえない。

 財政出動と金融緩和不足のポリシーミックスがとられ、景気回復の緩慢化、財政悪化状態の維持が図られるはず。

 で、8%増税では足りない、早急に10%に上げよう、国債危機、財政危機、実行する政治、決められる政治、、、、と国民はまたまた御用マスコミに煽られることになるでしょう。

 

 日経、長期金利、期待インフレともすでに5月以降低迷が続いているBEIの動きもそうですが、長期金利も白川デフレでの底値にきびすを返しつつあります。 市場は早くから再増税にらみモードに入っているのかも。

 

 今日の増税表明はそれ以前にずっと早くからニュースが流れてたことからすれば、既に織り込み済み。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

 安倍首相が、「十分に景気回復が続かねば増税実施しない」と言えば、官僚たちはいやでも金融緩和十分化に走らざるを得ない。 景気回復も力強くなるはず。

 

 しかし、その真逆をやった以上、今後の金融政策は官僚主導で進む。 経済成長、改革という視点で見ると、安倍政権はすでに死に体である。

 

 衆院選大勝だったのに、官僚人事に口を出さない、と即座に言った時点で今の事態はかなりの確度で予測できた。 実際、増税実施までは金融緩和がんがん、(内々にでも)実施確定後は控えめ化

 

 目標通りの期限にインフレ率2%に達する可能性は低くなったと思う。

 (人口減、中国バブル崩壊?、欧州問題、、金融緩和不足を覆い隠す屁理屈が喧伝されるでしょう)

 金融緩和不足な分、国内景気回復は緩慢になり、円安進行も緩慢

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2013/10/01(23:34)

通報する

このブログへのコメント

1~1件 / 全1件

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+9.6%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

75.4 24.6
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,426.08

▼ -87.04

TOPIX

1,477.98

▼ -5.29

JASDAQ総合指数

118.92

▼ -0.75

米ドル/円

113.47

▼ -0.64

ユーロ/円

121.09

▼ -0.54

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ