jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ829件目 / 全1494件次へ »

参院選・憲法改正争点化の影響(安倍政権のオマージュ)

 参院選、、安倍政権が公務員改革を争点にすれば、どこの政党も反対しようがなくなるので、ここまでの経済政策の実績で自民大勝利になったでしょう(既に過去形なのは、この目がほぼ100%ないから)。

 維新、みんなの第三極もかすむが、実績のひどさで民主一人負けとなるはず。

 

 しかし、憲法改正を争点にしたことで、民主が息を吹き返す芽が出てきてしまった(憲法改正自体は国民益に即すが、今、争点化するのは大いに反国民益方向になる)。

 

 これは、自民vs民主の図式を固定化し、官僚支配を盤石化するのに好都合です(その理由は最近日記『放射性セシウム備忘録』にも書いたとおり)。

 官僚支配盤石化なので、日本経済の長期低落トレンド、財務省の増税路線も盤石化となります。

 経済長期低落により安全保障も不安定化していくでしょう。

 

 安倍さんは『美しい国??』の衰退を決定付けたアホ宰相になりそうです。

 前回首相時は小泉改革を台無しにしたし、結局、首相の器でない、ということかと。

 

 無能でも血筋だけでのしあがれる政党など(安倍、麻生ともそう)、政党として既に終わってます。

 木偶を首相にし、官僚の好きにやらせても同じことですね。

 

 

(補足) 消費税10%実施のため、インフレ目標政策、景気浮揚を官僚勢力がガンガン進め始めてしまった今年前半は、公務員改革を進める千載一遇のチャンスでした。 民主のデフレ政策の反動で、安倍政権の支持率は史上空前になったので、それを背に公務員改革を言い出せば、マスコミも民主党も表だっては反対できない。 官僚も抵抗出来ない。 抵抗するにはインフレ目標政策の手抜き、支持率下げが有効ですが、それは直ぐに行えないからです。

 確実に仕留められる局面で、安倍さんが逆噴射してるのは、このヒトの政治信念が国民益からずれてるから。 このヒトの描く日本は、血筋や利権が守られる『美しい日本』だからです

 だから、官僚支配維持は当然だし、不正にも甘い(第一次安倍内閣は身内の不正に甘い処断を下しまくったことで崩壊した、、、お友達内閣)。  財務官僚を敵に回したから第一次安倍内閣は崩壊した、と自己分析してるのも、お●鹿分析のうえ国民益ずれまくりの証拠(財務官僚は安倍政権でなくても増税推進のためのデフレ政策にカジを切っていた)

、、、、脱・官僚支配の政党に期待。

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2013/05/04(11:58)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。