収益性
0
活発度
0
人気度
52
収益量
0
投稿量
79
注目度
55

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ990件目 / 全1494件次へ »
ブログ

金利上昇、国債バブル崩壊でも銀行危機は起きない@日本

 金利上昇=日本国債のバブル崩壊でも銀行危機は起きない。

 国債評価損でも株式評価益で補えるから。

 直近の銀行決算でも国債の利益と株式の損失は大差ない。

 金利上昇時はこれが逆になるだけで、むしろ貸し付けの利益が膨らむので銀行決算は良くなる。

 

 銀行経営を考慮して、金融緩和を抑えているという理屈は誤魔化しである。

 デフレ状況持続しつつバラマキがんがんで財政悪化を演出し、増税、再増税に追い込むのが金融緩和抑制の目的。

 増税=財務省の利権増大のためのデフレ長期化政策。

 増税=バラマキ資金増大=政治家の利権増大のためのデフレ長期化政策。

 で、多くの企業は苦境に喘ぎ、国民は所得減少、リストラ、失業の憂き目に遭い続ける。

 若者のフリーター生活も長期化し、技能も身につけられず、一生底辺で暮らさざるを得なくなり、左翼カルトの支持者ばかり増える。

 これは左翼マスコミ(朝●、毎●、TB●、NH●、日本経●新聞)や左翼政党(民主・社民・共産)の望むところである。

 

 マスコミと官僚と左翼政党(民主)と利権政党(自民)の利害は一致している。

 大連立やら一体化改革(増税路線)は正に彼らの利権のためのある。

 

 増税見直し、小さい政府(=バラマキ縮小=利権縮小)、過剰福祉の縮小(=お役所ピンハネの縮小)こそ国民益に即した政策。

 これらを掲げるのは、現状、維新・みんなの党のみ。

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。