ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ520件目 / 全3060件次へ »

自民党総裁選 安倍氏が立候補 日銀に量的緩和求める

自民党の総裁選挙に、安倍元総理が立候補。

 

安倍氏は公約として、日銀に量的緩和を求めるほか、TPPへの参加反対などを掲げている。

 

実は安倍氏が総理大臣だった時代は、日本の株価も右肩上がりで戻していた実績がある。むしろ世界の中でも上の方の値上がり率だった。

しかし、福田政権になってからは、右肩下がりとなってしまった。しかも、上昇率では前年比マイナスで、順位も下から数えて何番目みたいな。

まあこういう事実でさえマスゴミはまともに報道もせず、歪曲報道で安倍政権をひどい政権だというように連日放送していたんだよね。

政治に関心ないワイドショー主婦や、情弱なジジババ世代を中心に、安倍政権=どうしようもない政権とテレビが洗脳したんだよね。

 

今回も石原幹事長が最有力視されているけど、個人的には安倍氏か石破の方がいいような気がしてますね。

マスゴミは当然嫌うでしょうけど。

石原は長老という名の老害の言いなりになってそうで、これでは旧態依然の自民党からなんら脱却できていないと思われてもしかたないもんね。

 

日本再生のためにも、安倍さんには頑張ってほしいんだけどね。

 

 

 

 

 

 

安倍氏が自民総裁選に出馬表明、日銀に「格段の量的緩和」求める

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120912-00000100-reut-bus_all

 

[東京 12日 ロイター] 自民党の安倍晋三元首相は12日夕に記者会見し、総裁選への立候補を正式に表明した。選挙公約に日銀の「格段の量的緩和政策等の推進」を盛り込むなど、経済対策を前面に押し出した。

公約には、1)1日も早いデフレ脱却と成長力の底上げによる所得向上・雇用創出、2)憲法改正・教育再生、3)日米同盟の強化など外交・安全保障の確立、4)道州制を前提とする地方分権の推進など強固な国づくり、5)消費税に軽減税率を導入するなど社会保障制度を確立、6)環太平洋連携協定(TPP)の聖域なき関税撤廃への反対や、EPA(経済連携協定)、FTA(自由貿易協定)推進などによる地域づくり、の6項目を挙げた。

経済政策では、デフレ脱却に向けて「政府・日銀の連携強化の下」で日銀に追加策を求めるほか、「日本経済再生本部」を創設して成長戦略を推進する、などとしている。

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    政治
登録日時:2012/09/12(17:45)

 通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。