収益性
0
活発度
0
人気度
52
収益量
0
投稿量
78
注目度
51

jojuさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1185件目 / 全1494件次へ »
ブログ

金融緩和の効果を削ぐ日銀

 日銀、金融緩和を進めると言いつつ、発言はぶれまくりである(先の日記で書いた西村副総裁講演はその一例)。

 本気で緩和を進めるのか、と思わせる文言が、話の中に必ず出てくる。

 

 そのうえ、緩和を進めると言いつつ、マネタリーベースがあまり膨らんでいかない言行不一致がある。

 

 こういうことを繰り返すとどうなるか?

 

 市場は疑心暗鬼になる。

 金融緩和を進めても期待インフレ率がなかなか上がらなくなる。

 すなわち、金融政策の効力が低下していくのです。

 

 白川総裁は、『金融緩和だけではデフレ脱却は出来ない』と常々言っているが、それを実現すべく、日銀総出で金融緩和の効果を削ぐ挙に出ているようである。

 これは、医者自らが抗生物質の効果が無くなるよう、耐性菌をばらまきまくっているようなものである。

 

 

 普通の国では、金融政策の効果が高く保たれるよう、マーケットに明確なメッセージを出し、かつ言行一致の行動をとるが、日銀は真逆をやっている

 

 金融政策の効果が削がれれば、デフレ脱却は難しくなるし、バブルの抑制(出口戦略)も難しくなるのに、、。

 日銀はアホである。

 日銀法改正は喫緊の課題(政策の中心は経済政策であり、経済政策のコアは金融政策であり、金融政策を正常化するには、日銀法改正で政治主導化することが必須)。

 

 

 しかし、日銀法改正は、官僚丸投げの民主党政権が続くうちは実現出来ない。

 

 金融政策の効果が低くなるので、財政政策偏重の経済政策になるでしょう。

 マンデルフレミング則のドツボにはまり続けることになる。

 円高デフレ下で財政出動多発なので、財政悪化が進み、増税キャンペーンを進めやすくなる。

 

 投資行動的には、円高デフレ状態が続くリスク、失われた30年へのリスクに備えるべきかもです

 また、国民的には、反官僚=反増税の政治勢力(口先だけでないところ)にしつこく投票し続けることが、失われたウン十年のリスクを回避するために必要なのでしょうね、たぶん。

 

 

(補足) 次の選挙は衆院満期ギリギリまでずれ込むと予想。 増税法案が成立しようが不成立だろうが、民主党には悪しきイメージを払拭する冷却期間が必要だから。 自民を貶めるための時間が必要だから。 増税法案成立でも選挙は先延ばしされ、自民党は裏切られることになるでしょう。 自民が民主と同化しない限り(左翼政党化しない限り)、大新聞・テレビ(反日左翼が多数派)も、民主より自民を応援することはないのです。 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。