証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

jojuさんのブログ

最新一覧へ

日中韓FTAは日本経済にデメリット大。TPPの方がベター。

 日中韓FTA、、日本にとってはメリット低い。

 中国、韓国とも通貨安誘導政策なのに、日本は通貨高政策だから。

 この状態で貿易自由度を高めても、日本の国内産業がやられまくり、日本企業の中国・韓国シフトが進むだけ。

 

 中韓の通貨安政策是正と込みでなければ、彼らとの自由貿易協定は互恵関係にはならない。

 

 民主党政権は日中韓FTAとTPPの両方に力を入れることで、中国、米国のバランスを取るつもりでしょう。

 しかし、これでは単なる風見鶏で、米国からの信頼を失う。

 鳩山政権と同じ誤りを犯す可能性あり。

 こういう風見鶏の弱者は、最終的に両方から食い物にされることになります。

 中国の軍事的野心は無くなることはないのだから、米国シフトをもっと鮮明にすべきなのです。

 

 それに、米国主導のTPP側には通貨安誘導政策の国はないのだから、日本の通貨高政策を正常化させさえすれば、日本にとって大きな経済メリットがあります(米国の金融政策は物価上昇率数%程度が目標になっていることからも分かるように通貨安誘導ではない。日本が通貨高維持政策だから、米国の正常な金融政策をドル安政策のように錯覚してしまうのです)。

 

 

 つまり、TPPは、日本にとっては、安全保障上も経済利益上もメリット有りなのです。 また、そのメリットは自国の政策変更次第で得られる比較的容易なものです。

 

 一方、日中韓FTAは安全保障上も経済上もデメリットが圧倒的に大きいです。 かつ、そのデメリットは、相手国の通貨安政策の変更も無ければ消せない困難なものです(そのうえ、日本の通貨高政策の変更も必要)。

 中国・韓国が日本側に歩み寄って通貨安固定政策を止めてくれると思いますか? 日本の通貨高政策の正常化を黙って見過ごすと思いますか?

 両国の反日教育のすさまじさ、歴史ねつ造のすさまじさを見る限り、それは期待出来ないですよね。

 

 米国主導のTPPか、中国主導のFTAか、、、どちらに力を入れるべきかは、ドジョウの頭でも明々白々ではないでしょうか?

 

 

 

 というわけで、アジアでは、日本は、中韓外交よりも対ASEAN、インド、豪州外交に力を入れたほうが良いです。

 これは、経済上も資源確保のうえでも、安全保障上もシーレーン防衛の点でもメリット大です。

 インド、豪州を交えた拡大ASEANを構築して、その中に潜り込むのが日本の安全保障上ベストウェイです(アジア版EU。EUが米国に頼らない対ロ安全保障同盟の意味合いを持つのと同様、拡大版ASEANは、米国衰退でも機能する対中安全保障同盟になりうる)

 

 最近の中国傾斜、韓国傾斜は過剰すぎて、国益逆行。

 

 

(補足)最近の日本のマスゴミ(左翼系)のTPP批判は、巧妙な中国援護射撃、反米感情煽り。 左翼系カルトマスゴミの言うことは大抵、国益逆行。 日本国民を不幸にする。 左翼系マスゴミ(N●K、朝●、毎●)の言うとおりの政策をとって、日本人にプラスになったことは、ほとんど一つもない。 彼らには、『欺しても、まだまだ欺せる、日本国民』というたかくくりがある。

 

 

 

 

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2011/11/19(22:50)

通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  • 通報する

    2011/11/20(01:09)

    その自国の通貨高政策を変更するのが至難の技じゃないですか?民主党では。

    中国の対日輸出は何がメインなのか僕は詳しく知らないですが、香港経由を入れると日本の大幅な貿易黒字なんでしょ?

    対韓輸出もそうだし。

    結局中国と韓国が何を輸出してるかで、関税撤廃後の貿易面での有利不利は変わってくるんじゃないかな。

    日本は確か耐久消費財の関税率は低かったと思うから、とりあえず韓国は怖くないと思いますけど。

    ただ両国とも知的所有権の保護が曖昧ですけどね。


    ま、どっちにしろ、僕は「日本の内需は終わってるから」という発想でグローバリズムに突き進む姿勢自体に疑問、ていうスタンスです☆
  • 通報する

    2011/11/20(11:13)

    そうです。

     相互の金融政策を適正に変えられないなら、どのような自由貿易協定も、日本の空洞化を促進するだけなので危険です。

     ただ、その障害度合いはTPPのほうが日中韓FTAより遙かに小さい。

     

     で、ここまでの対中輸出、対韓輸出は日本経済の強さを意味してるのでなく、ここまでの日本企業の中韓シフト、対中韓敗北、日本国内経済の空洞化の度合いを意味しているのです。

     対中輸出、対韓輸出は、最終製品生産や日本国内向け生産の中韓シフトの裏返しであり、最終製品輸出での対中韓敗北の裏返しです。

     自由貿易協定で空洞化、技術流出が一層進んだ場合、これらの輸出も縮小していくでしょう。 

     

     その主因は中韓の通貨安政策と日本の通貨高政策です。

     だから、日中韓FTAにはメリットはない。 デメリットが圧倒的に大きい。

     

     日中韓FTAで、経常収支黒字は縮小トレンドになり、所得収支は元本食いで目減りトレンドに入ることになる。

     これは当分先なのかも知れませんが、市場は先を見て動きます。

     そして市場の先読みの動きは、事態の悪化を前倒しさせます。

     

     だから、政治は、市場よりも先を見て動かなければいけないのです。

     

     先読みして動くならば、まず、通貨高政策是正、それが出来て後、TPP締結やASEAN・印豪連携拡大を実行。 そして日中韓FTAは交渉だけでやらない。

     

     ま、民主党政権では通貨高是正は出来ないのですから、自由貿易協定は交渉止まりに終わるように運動すべきでしょうね、日本国民的には。

     これは、日本の内需を守るためにも重要ですね。

     また、成長率の高い海外輸出をウェイトアップするため、国益増大のためにも重要です。

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+10.0%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

77.6 22.4
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,765.47

▲ +268.78

TOPIX

1,512.69

▲ +22.07

JASDAQ総合指数

118.76

▲ +0.07

米ドル/円

114.00

▲ +0.26

ユーロ/円

121.38

▼ -0.93

重要な経済指標 発表日時
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ