証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

jojuさんのブログ

最新一覧へ

先進国ではインフレ警戒よりデフレ潰しが重要

 先進国が金融緩和しようが、しまいが、資源価格は高止まりし、先進国のインフレ率はそこそこ高くなるでしょう。 中国が依然、通貨安固定的でバブリー、資源爆食だからです(人民元切り上げ高以上に物価高。実質、通貨切り下げ)。

 

 今、先進国で起きてることは、、(資源価格高止まり波及でのインフレ)+(中国等への設備投資シフトでの不景気)=スタグフレーション的傾向、、です(供給サイドが破壊されてるわけでないので、ホントのスタグフレーションではない)。

 

 ゆえに、中国等への企業シフトを抑えれば、先進国はスタグフレーション的にならない。 インフレでも耐えられる。 先進国企業の設備投資意欲(生産意欲、雇用意欲)は満々なのに、それが本国でなく、中国等で行われていることが、先進国経済の問題なのです。

 

 ゆえに、先進国の経済政策としては、金融緩和継続もしくは拡大が正しい。 金融緩和拡大で通貨安に誘導し、中国の通貨安固定政策に対抗するのが正解。 中国が通貨安固定政策を変えない限り、QE3、QE4、QE5、、と続けていくのが正解なのです。

 

 先進国が金融緩和を抑えれば、先進国経済はスタグフレーションに沈む。 中国への富と技術の集中が進む。 独裁国家中国の軍事力が圧倒的に強くなる。 だから、中国は、米国のQE3けん制に必死である。 米国のマスゴミ(自称リベラル)を買収して、QE2批判を垂れ流しまくる。

 米国オバマ政権やFRBの認識も上記と同様でしょう。 バイデン副大統領が、最近の中国訪問で人民元安を指摘したのは、そのことを端的に示してます。 米国でもマスゴミ議論はおかしいが、まともなマスコミ世論は上記の見方に近いものが多々あり。

 QE3へのハードルは、日本のゴミ世論(増税容認、円高容認、没落志向的)が喧伝するほど高くないのでは?、と思う次第。

 

、、、しかし、資源価格高止まりでも、デフレになる日本(by日銀・財務省・民主党)のデフレ政策(円高政策)って、ほんとに気合が入ってますよね。

  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    マクロ分析
登録日時:2011/08/20(19:20)

通報する

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
買い優勢
+11.4%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

76.6 23.4
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,426.08

▼ -87.04

TOPIX

1,477.98

▼ -5.29

JASDAQ総合指数

118.92

▼ -0.75

米ドル/円

113.16

▲ +0.02

ユーロ/円

119.37

▼ -0.52

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ