証券会社ランキング

みんかぶくん
総合1位
発表!!

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

尖閣問題 やっぱりあった日中密約 仙谷官房長官が応じていた

毎日新聞の記事ですが、やっぱり日中密約はあったようですね。
仙谷官房長官が要求に応じると中国側に返事をしていた。

・尖閣ビデオは公開しない
・仲井真沖縄県知事に尖閣諸島を視察させない

どうやらこの2つ。

それで官房長官が躍起になってビデオの公開を阻んでいたんですね。
どうしても公開しなきゃいけなくなって、国会議員限定で最後は6分にまとめるという小細工までして。

しかしこんな売国隠蔽政権に対して、勇気ある愛国の海保職員の手によってその陰謀も台無しになった官房長官。

このネタ元もどこから流出したんでしょうね?

そんな中、真っ赤な官房長官は国会内での新聞社の撮影規制まで言い始めました。
とにかく自分に不都合なものは徹底的に規制しないと気が済まないようです。
政治主導という名の独裁ですね

時事通信の世論調査でも危険水域と言われる30%を割り込み27%となった内閣支持率。
もうさっさと下野しろと大多数の国民は言ってますよ。
そういえば先に仙谷官房長官は7割の国民を不健全な国民呼ばわりしていましたね。
率もほとんど一緒ですねw





アジアサバイバル:転換期の安保2010 「尖閣」で露呈、外交の「弱さ」
http://mainichi.jp/select/seiji/news/20101108ddm003030115000c.html

◇菅政権、同盟頼み
 日米安全保障条約の改定から50年。日米同盟を外交・安保政策の基軸に据えてきた日本は、東アジアの安全保障環境の大きな変化に直面している。中国は、領有権問題で近隣国への攻勢を強める。一方、米国は対中政策で強硬姿勢にかじを切り、尖閣諸島沖の漁船衝突事件を機に、アジアの安全保障秩序の形成により深く関与する構えを見せ始めた。米中がアジアの主導権を争う中、日本外交は行く先を見定められずにいる。【「安保」取材班】

 ◇対米、試された危機対応力
 「中国は『力』のみを信じる国だ。今回の尖閣危機で日本の対応をテストしたのだ」

 菅直人首相が日中関係の立て直しに躍起だった10月下旬、米議会の政策諮問機関「米中経済安保調査委員会」のラリー・ウォーツェル氏は毎日新聞の取材に中国側の見方をそう分析した。駐在武官として北京の米国大使館に勤務した中国通だ。

 尖閣事件で逮捕された中国人船長の釈放決定前の9月23日、クリントン米国務長官は前原誠司外相との会談で「(尖閣に)日米安保条約は適用される」と言明。菅政権は同盟の力で中国をけん制する態勢を整えた。

 「米国は慎重に事態を見極めていた」。米国の安保政策に影響力を持つ米シンクタンク「新米国安全保障センター」のパトリック・クローニン上級顧問が、オバマ政権内の様子を解説した。米国は今回の危機を単発の事件とはみておらず、(中国の)潜水艦対策の研究に着手したという。

 クローニン氏は「中国によるテスト」とは別の「二つのテスト」の存在を指摘した。それは「米国による菅政権の指導力と、普天間移設問題で揺らぐ日米関係のテストだった」と言う。

 米中双方から試された日本。米国のアジア外交に詳しいリチャード・ブッシュ元米国在台湾協会理事長は「日本は尖閣危機で米国の(東アジア情勢への)より強い関与を引き出すことに成功した」とみる。普天間移設問題を巡る鳩山前政権の迷走で日米関係が揺らぎながらも、菅政権が同盟の力を頼みにしたことで、米国は尖閣危機をアジア回帰の好機ととらえたとの見方だ。

 だが、領土問題とは別次元である東シナ海のガス田開発で日中が衝突したら、米国はどう対応するのか--。

 「米国に日本支援の法的義務はない。日中双方との関係を維持したい米国は争いに巻き込まれたくない」(ブッシュ氏)。同盟頼みの日本の限界は見透かされてもいる。

 ◇対中、連携欠如で失態
 尖閣事件で米国の東アジア情勢への一層の関与を引き出し、日米関係修復に限れば一定の成果を上げたかに見える菅政権。だが、対中関係悪化に続くロシア大統領の北方領土訪問、漁船衝突事件の映像流出と「失態」が続き、外交安保関連情報の収集、分析、管理における政権の機能不全は否定しようもない。新たな安全保障環境への対応にはほど遠いのが実情だ。

 漁船衝突は事故か故意か。故意ならば中国政府は関与しているのか。中国が対抗措置を繰り出していたころ、菅首相は周辺に「中国側の意図が分からなければ、おれは判断できない」といら立ちをぶつけていた。事件発生から7日で2カ月。政府関係者は「中国の意図の解明は今も外務省の宿題」と打ち明ける。

 中国の戴秉国(たいへいこく)・国務委員(副首相級)による丹羽宇一郎駐中国大使の9月12日午前0時(中国時間)の呼び出しは、首相官邸と外務省の連携の欠如を象徴する「失態」だ。

 関係者によると、中国側は11日午後6時と8時に、大使に会談を呼びかけたが、日本側がいったん断り、未明にずれ込んだ。だが、この経緯は官邸に報告されず、仙谷由人官房長官が記者会見で「未明の呼び出し」に不快感を示し、対中関係悪化に拍車をかけることになった。

 政府内の混乱は官邸によるその後の「外務省外し」につながる。

 仙谷氏は「外務省に頼らない中国とのルートが必要だ」と周辺に漏らし、日本企業の対中進出に携わる民間コンサルタントで、長く親交のある篠原令(つかさ)氏に中国への橋渡しを依頼。調整の末、民主党の細野豪志前幹事長代理の訪中が実現した。

 「衝突事件のビデオ映像を公開しない」「仲井真弘多(沖縄県)知事の尖閣諸島視察を中止してもらいたい」--。細野氏、篠原氏、須川清司内閣官房専門調査員と約7時間会談した戴氏らはこの二つを求めた。報告を聞いた仙谷氏は要求に応じると中国側に伝えた。外務省を外した露骨な「二元外交」は政府内の足並みの乱れを中国にさらけ出すことになった。

 「これからは外交ルートは外務省に一本化すると中国側に言ってある。よろしく頼む」。ベルギーで日中両首脳の懇談が実現し、ひと息つくと、仙谷氏は前原誠司外相にこう言ったが、首相官邸と外務省の溝は今も完全には解消されていない。

 外交・安保分野における与党の機能不全も露呈した。昨年12月に小沢一郎民主党幹事長(当時)は党所属国会議員143人を率いて訪中したが、党の「対中パイプ」は結果的に関係悪化を防ぐ役割を何も果たしていない。

 首相官邸、外務省、与党が連携を欠き、失態が相次ぐ菅政権。米保守系シンクタンク「ヘリテージ財団」のディーン・チェン研究員は「日本は政治的に非常に脆弱(ぜいじゃく)であることが(尖閣事件で)露呈した」と指摘する。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • CFD:

  • タグ:

    民主党
登録日時:2010/11/12(18:41)

通報する

このブログへのコメント

1~14件 / 全14件

  • 通報する

    2010/11/12(20:32)
    こんばんは。

    密約が発覚しましたね。

    腐れ菅・仙谷らしい姑息なへタレ外交です。

    中国に媚びへつらい 愛国者の自国民を逮捕せよとは どこの国の首相なんでしょうか?

    菅・仙谷は中国に追放しましょう。
  • 通報する

    2010/11/12(20:39)
    こんばんは
    現代に蘇る「忠臣蔵」

    「狂犬病の野良犬」VS「尖閣義士」
    検察の動向が気になります。
  • 通報する

    2010/11/12(20:48)
    こんばんは。

    いくら叩かれても、退陣はないでしょう……。
    たとえ支持率が一桁になっても。
    「恥」ってもんを意識してない輩なんだから★
  • 通報する

    2010/11/12(21:36)
    ひさっちさん、こんばんは。

    毎日新聞の記事だとすると、結構な打撃ですね。最後の砦が失われたということでしょうか。

    それにしても、自分の立場でしか物事を考えることが出来ない人が官房長官とは、悲劇ですね。警視庁などに余計な仕事までさせて・・・。

    多分、逮捕は難しいでしょうから、どうするんでしょうか。大見得切った手前、更にエスカレートするのでしょうか。でも、すればするほど、ますます立場がなくなりますよね。

    ここは潔く、自らを「総括」していただきたいですね・・・土台、無理ですかね。

    また、お邪魔します。
  • 通報する

    2010/11/13(00:29)
    どうもです。

    密約の交換条件は何だったのでしょうか?
    これ以上の報復(逆切れ)は止めてね、だったら笑えますが、、
  • 通報する

    2010/11/13(15:32)
    密約の見返りは国益ではなく、私益でしょうね。
    何を受け取ったのでしょうね。
  • 通報する

    2010/11/13(21:08)
    こんばんは。

    不謹慎な話ですが、これだけ反国益的なことを繰り返して身の危険を感じたりしないのでしょうかね。日本だから安心と思っているのか、そろとも中国人のボディーガードが密かに周りを固めているとか。

    日本の政権の中枢にいる訳ですから、自覚を持って行動して欲しいですね。
  • 通報する

    2010/11/14(20:53)
    うどんさん こんばんわ

    >密約が発覚しましたね。

    今朝の報道2001で特使の細野は否定してましたが、今更誰も信じませんわな。


    >中国に媚びへつらい 愛国者の自国民を逮捕せよとは どこの国の首相なんでしょうか?

    国民の怒りの本質がここにあることを理解してないんだから、ある意味滑稽な話です
  • 通報する

    2010/11/14(20:55)
    きゅうしゅう団地さん こんばんわ

    >現代に蘇る「忠臣蔵」

    まさにそんな感じですね
    折角なら討たれればいいと思うのは私だけではないと思います
  • 通報する

    2010/11/14(21:03)
    kobuntaさん こんばんわ

    >いくら叩かれても、退陣はないでしょう……。
    たとえ支持率が一桁になっても。

    マスゴミが履かせている下駄を取ったら実質一桁かもしれませんけどね


    >「恥」ってもんを意識してない輩なんだから★

    恥なんて概念はないでしょう
    権力手に入れて権力にしがみつくことしか頭にないでしょうね
    その間無理やりにでも売国衰国政策を行うことでしょう
  • 通報する

    2010/11/14(21:06)
    橋龍さん こんばんわ

    >毎日新聞の記事だとすると、結構な打撃ですね。最後の砦が失われたということでしょうか。

    私も正直毎日がニュースの出どころと言う事でびっくりしました
    産経なら分かるんですがw

    それだけマスゴミもあまりのひどさに擁護しようがなくなったんでしょうかね
    過度に擁護してりゃ国民からそっぽ向かれるだけですからね


    >多分、逮捕は難しいでしょうから、どうするんでしょうか

    官房長官の面子にかけて逮捕するように圧力掛けているんでしょうけどね
    国益よりも私怨で動いている感じがしてなりません
  • 通報する

    2010/11/14(21:07)
    jojuさん こんばんわ

    >密約の交換条件は何だったのでしょうか?
    これ以上の報復(逆切れ)は止めてね、だったら笑えますが、、

    中国から表彰されることではないでしょうか
    あわよくば日本省になった時の初代総督とか
  • 通報する

    2010/11/14(21:09)
    ドル円さん こんばんわ

    >密約の見返りは国益ではなく、私益でしょうね。
    何を受け取ったのでしょうね。

    国益なんて概念ははなからないでしょう
    どうやって中国様のご機嫌を損ねずに、現権力を手放さずに済むかしか頭にないでしょう
  • 通報する

    2010/11/14(21:11)
    フォーナインさん こんばんわ

    >不謹慎な話ですが、これだけ反国益的なことを繰り返して身の危険を感じたりしないのでしょうかね

    全共闘に参加していた身ですから、今の日本は平和でその心配もないと思っているんではないでしょうかね


    >日本の政権の中枢にいる訳ですから、自覚を持って行動して欲しいですね。

    自覚があったら、中韓に向けて次々と売国政策ばっかりうたないでしょうね

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。
みんかぶアカデミー

トムソン・ロイター 金融マーケット情報配信サービス
個人投資家の予想
最新24時間の予想傾向(%)
売り優勢
+13.3%(前日比)

予想投稿数 比率(%)

59.9 40.1
買い予想数上昇(最新48時間)
売り予想数上昇(最新48時間)
個人投資家の予想(新着順)
マーケットサマリー
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

18,426.08

▼ -87.04

TOPIX

1,477.98

▼ -5.29

JASDAQ総合指数

118.92

▼ -0.75

米ドル/円

113.47

▼ -0.64

ユーロ/円

121.09

▼ -0.54

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック
みんかぶピックアップ

ネット証券比較

証券口座選びを完全サポート
総合ランキング1位はこちら!
みんためスタッフが独自調査で
おすすめのFX会社を紹介!
おすすめのクレジットカードを
ピックアップしてご紹介!

ページTOPへ