収益性
83
活発度
49
人気度
67
収益量
73
投稿量
100
注目度
79

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ1344件目 / 全3060件次へ »

旭ダイヤ(6140)が年初来高値更新してますが・・・

旭ダイヤが年初来高値更新してます

日経産業新聞によれば、

「旭ダイヤモンド工業は太陽電池などの原料切断に利用するダイヤモンド付き工具の製造能力を2012年度にも4倍に拡大する。三重工場(三重県伊賀市)に30億円で
工場棟を新設し、来年4月から出荷を始める。
さらに規模拡大が必要と判断し、三重工場に年300億円分の生産能力の設備を造る。12年度にもダイヤモンド付き工具の販売を09年度比16倍の400億円程度に増やす。ダイヤモンド付きワイヤは欧米や中国の太陽電池メーカーからも注文が相次いでおり、生産規模を拡大次第販売を検討したい考えだ。
同じワイヤは発光ダイオード(LED)の原料であるサファイヤの切断にも使われている。」

とのこと。


この旭ダイヤの命綱ともいえる生産機械を作っているのが大証二部上場のタカトリ(6338)
四季報予想見ても来期の業績予想がすんごいことになってます

一応根拠となる3月の古い記事です


タカトリが大幅高、旭ダイヤのワイヤ需要拡大の恩恵期待
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0326&f=business_0326_051.shtml

 タカトリ が大証2部で一段高。市場関係者によれば、旭ダイヤモンド では千葉第2工場で、太陽光発電向け多結晶シリコン・単結晶シリコンや、LED(発光ダイオード)のサファイアやネオジウム磁石などの切断に使われる電着ダイヤモンドワイヤーの6月フル稼働を目指しているが、このダイヤモンドワイヤーを生産するのに必要なのがタカトリの機械だという。

  旭ダイヤモンドは19日に2010年3月期業績見通しを大幅増額修正。営業利益を従来予想の3.7億円から14.5億円に引き上げたが、同時に発表した三重工場の新棟建設に関して、太陽光発電需要の高まりを挙げ、「千葉第2工場がフル稼働しても供給能力を上回る(ダイヤモンドワイヤー)需要が見込める」としている。

  太陽光発電の需要拡大→旭ダイヤモンドのダイヤモンドワイヤーの引き合い活発化・フル生産→タカトリへの収益寄与という図式だ。一部ではファンド筋の買いが観測されているようだ。(編集担当:山田一)
登録日時:2010/09/16(12:11)

 通報する

このブログへのコメント

1~2件 / 全2件

  •  通報する

    2010/09/17(00:28)
    こんばんは。

    旭ダイヤモンドはここ半年で倍以上になりましたね。確か、三菱UFJモルガンがレーティングでかなりの肩入れをしています。三菱UFJモルガンの大口顧客が係わっている可能性大だと思います。
  •  通報する

    2010/09/17(11:54)
    フォーナインさん こんにちわ

    >旭ダイヤモンドはここ半年で倍以上になりましたね

    業績変化率等みたらまんざらではないように思えますが、それにしても貸借見たらすごいですね
    0.12倍ってw
    好業績株は安易に売ってはいけない典型ですねw

    それにしてもタカトリが徐々に注目集めはじめましたかな

コメントを書く

コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。