収益性
84
活発度
49
人気度
63
収益量
74
投稿量
100
注目度
90

ひさっちさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ2264件目 / 全3060件次へ »
ブログ

相模原の卸売市場で大規模な火災がありました

昨日相模原の淵野辺の卸売市場で900平米を焼く大きな火事がありました。

その中には民主党の県会議員で次期衆議院選挙に立候補予定の本村議員の事務所があり、こちらも巻き込まれ全焼しました。

この本村議員の事務所は元運輸大臣等を経験した藤井裕久氏のものでした。
また本村氏は藤井氏の秘書を務め、藤井氏が後継者指名した人物でした。
藤井氏は渦中の小沢氏の懐刀といわれる人物で、自由党時代からの資金の流れをよく知る人物でもありました。

小沢氏は西松建設問題に絡んで、民主党の岩手県支部が昼間に特捜の家宅捜索を受けていました。

火事はその晩に起きました。

でもなぜかテレビでは火事の事は一部放送されても、この民主党の支部の事務所があったことは全く触れられませんでした。

しかも運よく、

>後援会の名簿など書類は別な場所に予備を保管しているので無事だったが、最近の書類などは無くなってしまった

との事でした。


この火事は単なる偶然だったのでしょうか?
やっぱ偶然ですよね。ハハハ



卸売市場での火災、不況のさなかの被災に関係者は落胆/相模原
http://www.kanaloco.jp/localnews/entry/entryivmar09031/

 「市民の台所」として市内の飲食店や小売業者が業務用食材などを買い求めていた相模原綜合卸売市場(相模原市東淵野辺四丁目)で四日夜に起きた火災は、同市場の約千平方メートルのH棟が全焼し、市場関係者に落胆の色が濃くにじんだ。不況のさなかの被災に「再建できるのか」との声も漏れた。

 火災は四日午後十時五十分ごろ発生し、店舗兼事務所を兼ねた同棟が全焼した。

 場長によると、同棟は二階には市場事務所や民主党県第14区総支部や県議会議員事務所など五つ事務所、一階には鮮魚店など八店が入居。四日は市場の定休日で、一階の食料品店では翌日の仕事に備えて女性従業員(63)が店舗内で仮眠していた。「パチパチとした音で目覚めたら、壁が燃えていた。火勢が強く、靴も履かずに夢中で外へ飛び出した」などと振り返る。

 この建物で鮮魚店を営む男性(57)によると、建物は少なくとも築三十年は経過しているという。男性は「店舗が密集しているので火の気には注意していたが、残念。魚を保管していたので手痛い損害」と落胆した表情で話した。

 鮮魚を仕入れている料理店の男性店主(33)は、「五日の分の食材は別な市場などで賄い、今後もそれが続くだろう。早く復旧してほしい」と話す。

 事務所が焼けた本村賢太郎県議は次期衆議院選挙への立候補を表明している。出火当時、現場の事務所で選挙準備の作業などに当たっていた男性秘書(35)は「後援会の名簿など書類は別な場所に予備を保管しているので無事だったが、最近の書類などは無くなってしまった。影響は大きい」と話した。

 現場は、JR横浜線古淵駅から約六百メートル離れた住宅と店舗が並ぶ一角。
  • 関連銘柄:

    ---
  • 通貨ペア:

  • 経済指標:

  • コモディティ:

  • タグ:

コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。