9644  東証1部

タナベ経営

レポート銘柄
お気に入り

株価(02/19)

年高値
年安値
STOP高
STOP安
1,289.0
-2.0(-0.15%)
売り

目標株価

1,183

あなたの予想

未投稿

タナベ経営の株価情報TOP

タナベ経営の株価参考指標

中小企業向け経営コンサル大手。人材育成やセールスプロモーション、ビジネス手帳も。
  • 始値
    1,291.0円
  • 高値
    1,298.0円
  • 安値
    1,289.0円
  • 配当利回り
    3.26%
  • 単元株数
    100株
  • PER(調整後)
    16.03倍
  • PSR
    1.25倍
  • PBR
    1.03倍
  • 出来高
    2,200株
  • 時価総額
    11,284百万円
  • 発行済株数
    8,754千株
  • 株主優待
    オリジナル手帳
  • 購入金額
    最安---
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
※配当利回りは2019年3月期の実績値で計算しております。

目標株価

目標株価

売り
1,183 円
現在株価との差

-106.0 

理論株価

(02/19)

1,484 円
割安

この株価診断に賛成?反対?

この売買予想に賛成?反対?

アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

--- 円
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • ニュース

    タナベ経営---3Qも堅調に推移、主力の経営コンサルティングで安定した継続受注を獲得

    タナベ経営は7日、2020年3月期第3四半期(19年4月-12月)連結決算を発表した。売上高が72.70億円、営業利益が7.99億円、経常利益が8.21億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が5.80億円となった。2020年3月期第3四半期連結会計期間より四半期連結財務諸表を作成しているため、対前年同四半期増減率については記載していない。経営コンサルティング事業の売上高は42.22億円、セグメント ...続きを読む
  • 適時開示

    2020年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)

    2020年3月期 第3四半期決算短信〔日本基準〕(連結)
  • 適時開示

    連結決算への移行に伴う2020年3月期連結業績予想の公表に関するお知らせ

    連結決算への移行に伴う2020年3月期連結業績予想の公表に関するお知らせ
  • ニュース

    タナベ経営 Research Memo(9):配当性向は60%を目安に増配を継続していく方針

    ■株主還元策株主還元策として、タナベ経営は配当金と株主優待制度を導入している。配当金に関しては配当性向60%を目安に、業績等を勘案(特殊要因は除く)しながら検討していくとしている。2020年3月期は前期比1.0円増配の43.0円(配当性向52.9%)と8期連続の増配を予定しており、今後も増収・増益・増配というスタンスを目指す意向だ。また、株主優待制度として毎年9月末時点の100株以上の保有株主に対 ...続きを読む
  • ニュース

    タナベ経営 Research Memo(8):中期経営計画は順調に進捗(2)

    ■今後の見通しb)人材開発コンサルティング戦略人材開発コンサルティングでは、「ファーストコールカンパニー(FCC)」を志す企業向けのHRプラットフォームとして、「FCCアカデミー(企業内大学)」の普及拡大を目指す。企業内大学設立を支援する「アカデミーコンサルティング」、デジタル機器を使って場所と時間を選ばない学習環境を提供する「アカデミークラウド」、セミナーやオーダーメイド研修を提供する「リアル」 ...続きを読む
  • ニュース

    タナベ経営 Research Memo(7):中期経営計画は順調に進捗(1)

    ■今後の見通し3.中期経営計画タナベ経営は、2020年以降も持続的な成長を実現していくため、「変化から成長へ」をスローガンとした中期経営計画「Tanabe Vision 2020(2018-2020)」を2018年5月に発表した。「コンサルティングプラットフォーム戦略」を全国規模で推進し、アライアンス(提携)先との連携も進めながら顧客基盤を拡大し、チームコンサルティングを中心とした高品質で付加価値 ...続きを読む
  • ニュース

    タナベ経営 Research Memo(6):M&Aを実施、2020年3月期も10期連続の増収増益を目指す

    ■今後の見通し1. 2020年3月期の業績見通し2020年3月期は売上高で前期比2.8%増の9,300百万円、営業利益で同3.1%増の1,000百万円、経常利益で同1.6%増の1,020百万円、当期純利益で同0.8%増の700百万円と10期連続の増収増益となる見通しだ。企業収益の悪化などによる景気の先行き不透明感は増しているものの、引き続き人材育成や事業再生、M&A、中期経営計画(ビジョン ...続きを読む
  • ニュース

    タナベ経営 Research Memo(5):無借金経営で手元キャッシュも潤沢、財務内容は良好

    ■タナベ経営の業績動向3. 財務状況と経営指標2020年3月期第2四半期末の総資産は前期末比90百万円減少の12,679百万円となった。主な変動要因を見ると、流動資産は受取手形及び売掛金が86百万円減少した一方で、現預金及び有価証券が181百万円増加したこと等により前期末比で281百万円増加した。固定資産は長期預金及び投資有価証券が10百万円増加したが、役員に対する保険金積立金を全て解約したこと等 ...続きを読む
  • ニュース

    タナベ経営 Research Memo(4):経営コンサルティングは堅調推移、SPコンサルティングが10%増と好調

    ■タナベ経営の業績動向2.事業セグメント別動向(1)経営コンサルティング事業経営コンサルティング事業の売上高は前年同期比0.7%増の2,661百万円、セグメント利益は同1.3%減の707百万円と若干の増収減益となった。営業利益の減益要因は、コンサルタントやミドルスタッフ人材を積極採用したことによる人件費の増加が主因だ。ただ、期初会社計画(売上高2,650百万円、セグメント利益655百万円)に対して ...続きを読む
  • ニュース

    タナベ経営 Research Memo(3):2Q業績は人材投資の積極推進により減益も、売上高・利益とも計画を若干超過

    ■業績動向1. 2020年3月期第2四半期累計業績の概要タナベ経営の2020年3月期第2四半期累計業績は、売上高で前年同期比1.5%増の4,145百万円、営業利益で同22.6%減の345百万円、経常利益で同22.0%減の360百万円、四半期純利益で同13.7%減の276百万円と増収減益決算となったが、期初会社計画に対しては売上高、各利益ともに若干上回って着地した。マクロ環境の先行き不透明感が増すな ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

関連テーマ

企業経営

コンサルティング

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

23,400.70

+206.90

TOPIX

1,671.86

+6.14

JASDAQ

166.15

+1.19

米ドル/円

110.93

+1.05

ユーロ/円

119.62

+1.05

WTI原油

52.05

---

NY金

1,603.6

+17.20

ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介