6758  東証プライム

ソニーグループ

9263
お気に入り
レポート銘柄
ブログを書く

会員登録(無料)が必要です

『お気に入り登録、レポート銘柄登録』の他にも、『銘柄の予想投稿』や『ブログ投稿』など、さまざまな機能が使えます。

ログイン

株価(15:00)

13,415.0
-770.0(-5.42%)

ソニーグループの決算短信AI要約 β版

2024年度03月期 決算 (2024年5月14日 15:00時点)

決算短信をみる

ソニーグループ 2024年度03月期の決算短信についてのAI要約です。本サービスの精度やパフォーマンスに関する注意事項はこちら

当期経営成績等の概況

経営成績

良い点

売上高は、前年度比2兆464億円(19%)増加し、13兆208億円となり、主に金融ビジネス収入、ゲーム&ネットワークサービス、音楽分野及びイメージング&センシング・ソリューション分野の大幅な増収によるものです。

悪い点

営業利益は、前年度比936億円減少し、1兆2,088億円となり、主に金融分野の大幅な減益及びイメージング&センシング・ソリューション分野の減益によるものです。

財政状態

良い点

調整後OIBDAは、前年度比ほぼ横ばいの1兆8,261億円となり、金融分野の大幅な減益があったものの、主にゲーム&ネットワークサービス分野の大幅な増益ならびに音楽分野及びイメージング&センシング・ソリューション分野の増益によるものです。

悪い点

営業利益の減少により、全体的な財政状態が前年度に比べて弱まった。

キャッシュ・フロー

良い点

営業活動によるキャッシュ・フローは、前年度比1兆585億円増加し、1兆3,732億円となりました。

悪い点

投資活動によるキャッシュ・フローは、前年度比2,338億円減少し、8,189億円となりました。

今後の見通し・AI評価

業績予想見通し

良い点

営業利益及び調整後OIBDAは増益を見込んでおり、特にイメージング&センシング・ソリューション分野での大幅な増益が予想されます。

悪い点

売上高は、金融分野で大幅な減収ならびにエンタテインメント・テクノロジー&サービス分野及びゲーム&ネットワークサービス分野で減収を見込んでいます。

中期計画見通し

良い点

2024年度から2026年度の第五次中期経営計画において、利益ベースの成長を重視し、金融分野を除く連結ベースの営業利益の成長率及び営業利益率を最も重視する経営指標としています。

悪い点

株主還元については、総還元性向を重視し、これを第五次中期経営計画期間を通して段階的に増加させる目標を設定していますが、具体的な実現方法や計画の詳細は未定です。

AI売買評価

良い点

ソニーは、多角的な事業展開と強固な財務基盤を持ち、特にエンターテインメントとテクノロジーの融合による新たな市場の創出が期待される。

悪い点

一部の事業分野での収益性の低下や市場環境の変化に対応するリスクが存在する。

配当

配当方針

株主還元については、総還元性向を重視し、これを第五次中期経営計画期間を通して段階的に増加させ、最終年度の2026年度には、40%程度とすることを目標としています。

当期配当

2023年度の普通株式1株当たり配当金は85.00円でした。

次期配当

2024年度の普通株式1株当たり配当金は第2四半期末で50.00円、期末で10.00円を予想しています。

財務諸表及び主な注記

財務諸表に関する注記事項

良い点

調整後OIBDA及び調整後EBITDAは、一時的な損益の影響を含まないことから、事業の持続的な収益力を表すとともに、金融事業を含むグループ全体の投資とそのリターンの循環による中長期での事業拡大をマネジメントの観点から確認することができる。

悪い点

調整後OIBDA及び調整後EBITDAはIFRSに則った開示ではなく、追加的なものとしての位置づけであるため、これらの指標のみに依存することは適切ではありません。

継続企業の前提に関する注記

該当するコメントはありません。

当連結会計年度における重要な子会社の異動

該当するコメントはありません。

会計方針の変更

2023年度第1四半期よりIFRS第17号「保険契約」を適用しており、IFRS第4号「保険契約」を置き換え、保険契約の認識、測定、表示及び開示に関する原則を示しています。

株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記

該当するコメントはありません。

会計上の見積りの変更

該当するコメントはありません。

追加情報

該当するコメントはありません。

セグメント情報等

各事業セグメントの業績は、ゲーム&ネットワークサービス、音楽、映画、エンタテインメント・テクノロジー&サービス、イメージング&センシング・ソリューション、金融分野に分かれ、それぞれの分野で異なる成長戦略と業績が報告されています。

1株当たり情報

2023年度の普通株式1株当たり当社株主に帰属する当期純利益は788.29円で、希薄化後は785.68円でした。

重要な後発事象

2024年5月14日開催の取締役会において、2024年9月30日を基準日、2024年10月1日を効力発生日として、普通株式1株につき5株の割合で株式分割を行うことを決議しました。

企業結合等関係

該当するコメントはありません。

決算短信AI要約に関する注意・免責事項

  • ・本サービスは、企業が開示した決算資料の要点をAIを使用してまとめたものを掲載しています。現在はβ版として運用しており、機能のテストおよびユーザーフィードバックの収集を目的としています。
  • ・データ形式の問題やその他の技術的な制約により、決算短信の内容を全て網羅的に要約することができない場合があります。特に複雑な金融用語や業績の詳細な分析は、要約の精度が低下する可能性があります。
  • ・可能な限り迅速に情報を提供するよう努めていますが、決算発表が集中する時期はシステムの処理能力の限界により、情報配信に遅延が生じることがあります。
  • ・提供される情報は、Open AI 社が提供する生成AIサービスを活用して、一定のルールに従い生成されています。生成AIの性質上、提供される情報には誤りや虚偽の情報が含まれるおそれがあるほか、断定的な表現や投資を推奨するかのような表現が含まれるおそれがありますが、本サービスに基づき提供される情報は投資判断の参考として決算短信等に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘や投資判断を提供することを目的とするものではありません。
  • ・提供されるすべての情報について、正確性、信頼性、完全性、有効性、適時性等は一切保証されておりません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社および Open AI 社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本サービスに掲載されている要約に関する権利は当社に帰属します。これらの情報を私的利用の範囲を超えて利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。
  • ・本サービスは予告なく機能の変更、提供の一時休止または中止をすることがあります。
銘柄スクリーニング

ソニーグループの取引履歴を振り返りませんか?

ソニーグループの株を取引したことがありますか?みんかぶアセットプランナーに取引口座を連携すると売買履歴をチャート上にプロットし、自分の取引を視覚的に確認することができます。

アセットプランナーの取引履歴機能とは
アセプラ(アセットプランナー)

アセプラを使ってみる

※アセプラを初めてご利用の場合は会員登録からお手続き下さい。