6630  東証プライム

ヤーマン

2280
お気に入り
レポート銘柄
ブログを書く

会員登録(無料)が必要です

『お気に入り登録、レポート銘柄登録』の他にも、『銘柄の予想投稿』や『ブログ投稿』など、さまざまな機能が使えます。

ログイン

株価(07/12)

831.0
+4.0(+0.48%)
買い

目標株価

851

あなたの予想

未投稿

ヤーマンの決算短信AI要約 β版

2024年度04月期 決算 (2024年6月14日 15:00時点)

決算短信をみる

ヤーマン 2024年度04月期の決算短信についてのAI要約です。本サービスの精度やパフォーマンスに関する注意事項はこちら

当期経営成績等の概況

経営成績

良い点

新型コロナウイルス感染症の影響が緩和され、個人消費の持ち直しや訪日外国人旅行者数の回復が見られた。新・中期経営計画「Going Global Strategy」に基づき、銀座に旗艦店をオープンし、各国の認証登録の推進や新カテゴリーの立ち上げなどに取り組んでいる。

悪い点

地政学リスクの高まり、資源価格の高騰、物価の上昇、円安の進行などの影響で景気の先行きが不透明。中国市場での販売が低迷し、消費者マインドの回復が遅れている。投資が先行し、費用が増加している。

財政状態

良い点

設備投資の増加により有形固定資産が増加し、現金及び預金も増加している。自己資本比率が86.3%と高水準を維持している。

悪い点

総資産が前年度比で1,889百万円減少し、負債も1,567百万円減少している。純資産も322百万円減少している。

キャッシュ・フロー

良い点

営業活動によるキャッシュ・フローが1,931百万円と前年度を上回る結果となった。現金及び現金同等物の期末残高が459百万円増加し、16,151百万円となった。

悪い点

投資活動によるキャッシュ・フローが950百万円の使用となり、前年度を上回る資金の使用となった。財務活動によるキャッシュ・フローも1,347百万円の使用となり、前年度を上回る資金の使用となった。

今後の見通し・AI評価

業績予想見通し

良い点

効果的な広告宣伝費の見直しや貸倒引当金繰入額や棚卸評価損の減少により、営業利益、経常利益、親会社株主に帰属する当期純利益の大幅な増加が見込まれる。

悪い点

中国市場の回復が遅れる可能性があり、売上目標達成が遅れる可能性がある。

中期計画見通し

良い点

中期経営計画「Going Global Strategy」に基づき、ブランディング、研究開発、海外展開などに対する投資を強化し、各販路の更なる伸長を図っている。

悪い点

中国市場の回復が遅れる可能性があり、中期経営計画での売上目標達成が遅れる可能性がある。

AI売買評価

良い点

新・中期経営計画に基づく積極的な投資と新カテゴリーの立ち上げが評価される。国内外での販売増加が期待され、長期的な成長が見込まれる。

悪い点

中国市場の回復が遅れる可能性があり、短期的な業績には不安が残る。投資が先行しているため、費用の増加が続く可能性がある。

配当

配当方針

利益剰余金の配当を基本方針としている。

当期配当

2024年4月期の年間配当金は9.00円。設立45周年記念配当を含む。

次期配当

2025年4月期の年間配当金は9.00円を予定している。

財務諸表及び主な注記

財務諸表に関する注記事項

良い点

該当するコメントはありません。

悪い点

該当するコメントはありません。

継続企業の前提に関する注記

該当事項はありません。

当連結会計年度における重要な子会社の異動

該当事項はありません。

会計方針の変更

該当事項はありません。

株主資本の金額に著しい変動があった場合の注記

該当するコメントはありません。

会計上の見積りの変更

該当事項はありません。

追加情報

該当するコメントはありません。

セグメント情報等

通販部門、店販部門、直販部門、海外部門の四部門を報告セグメントとしている。通販部門では新製品の投入が遅れ、売上高は4,215百万円(前連結会計年度比36.8%減)。店販部門では旗艦店が好調に推移するも、売上高は7,473百万円(前連結会計年度比6.0%減)。直販部門では自社ECサイトの停止影響もあり、売上高は8,498百万円(前連結会計年度比14.3%減)。海外部門では中国市場の影響を受け、売上高は11,256百万円(前連結会計年度比37.1%減)。

1株当たり情報

1株当たり純資産額は456.44円、1株当たり当期純利益は7.24円。

重要な後発事象

該当事項はありません。

企業結合等関係

該当事項はありません。

決算短信AI要約に関する注意・免責事項

  • ・本サービスは、企業が開示した決算資料の要点をAIを使用してまとめたものを掲載しています。現在はβ版として運用しており、機能のテストおよびユーザーフィードバックの収集を目的としています。
  • ・データ形式の問題やその他の技術的な制約により、決算短信の内容を全て網羅的に要約することができない場合があります。特に複雑な金融用語や業績の詳細な分析は、要約の精度が低下する可能性があります。
  • ・可能な限り迅速に情報を提供するよう努めていますが、決算発表が集中する時期はシステムの処理能力の限界により、情報配信に遅延が生じることがあります。
  • ・提供される情報は、Open AI 社が提供する生成AIサービスを活用して、一定のルールに従い生成されています。生成AIの性質上、提供される情報には誤りや虚偽の情報が含まれるおそれがあるほか、断定的な表現や投資を推奨するかのような表現が含まれるおそれがありますが、本サービスに基づき提供される情報は投資判断の参考として決算短信等に関する情報提供を目的とするものであり、投資の勧誘や投資判断を提供することを目的とするものではありません。
  • ・提供されるすべての情報について、正確性、信頼性、完全性、有効性、適時性等は一切保証されておりません。これらの情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社および Open AI 社は一切の責任を負いません。投資に関するすべての決定は、利用者ご自身の判断でなさるようにお願いいたします。
  • ・本サービスに掲載されている要約に関する権利は当社に帰属します。これらの情報を私的利用の範囲を超えて利用することはもちろん、第三者へ提供する目的で情報を転用、複製、販売、加工、再利用及び再配信することを固く禁じます。
  • ・本サービスは予告なく機能の変更、提供の一時休止または中止をすることがあります。
銘柄スクリーニング

ヤーマンの取引履歴を振り返りませんか?

ヤーマンの株を取引したことがありますか?みんかぶアセットプランナーに取引口座を連携すると売買履歴をチャート上にプロットし、自分の取引を視覚的に確認することができます。

アセットプランナーの取引履歴機能とは
アセプラ(アセットプランナー)

アセプラを使ってみる

※アセプラを初めてご利用の場合は会員登録からお手続き下さい。