2613  東証1部

J-オイルミルズ

レポート銘柄
お気に入り

株価(09/20)

年高値
年安値
STOP高
STOP安
4,145.0
-20.0(-0.48%)
売り

目標株価

3,321

あなたの予想

未投稿

J-オイルミルズの株価予想

目標株価

売り
3,321 円
現在株価との差

-824.0 

読み込み中..

目標株価チャート
理論株価

(09/20)

3,716 円
この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割高と判断され、また相対比較でも割高と判断されます。結果、現在の株価は「割高」と結論付けました。続きを読む

直近1カ月の売買予想比率

買い  85%
売り  15%
85 15
アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

---
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • ニュース

    J-オイルミルズ---スナック菓子とコラボレーション

    J-オイルミルズは19日、同社の「オリーブオイル エクストラバージン」がジャパンフリトレーから発売されるスナック菓子「トルティーヤチップス パエリア味」に採用、コラボレーションに至ったと発表した。今回のコラボレーションを機に、家庭用オリーブオイルの認知度向上と用途の拡大を図るねらい。 <SF>
  • ニュース

    <09月19日の25日・75日移動平均線ゴールデンクロス銘柄>

    <09月19日の25日・75日移動平均線ゴールデンクロス銘柄> (銘柄コード) 銘柄   市場   [ 終値 | 前日比 | 割安/割高 ] (1323) 野村南ア40   東証ETF      [ 378.0 | +0.80% | 分析中 ] (1384) ホクリヨウ    東証1部       [ 676.0 | +4.32% | 分析中 ] (1447) ITbook   東証マザーズ  ...続きを読む
  • ニュース

    J-オイルミルズ---「2019 日本パッケージングコンテスト」で受賞

    J-オイルミルズは、30日、公益社団法人 日本包装技術協会が主催する「2019 日本パッケージングコンテスト」にて、「から揚げの日の油」400gフレッシュキープパウチのパッケージ(ユニバーサルデザイン エコパウチ)が、「アクセシブルデザイン包装賞」を受賞したと発表した。本コンテストは、包装におけるデザインからロジスティクスに至る分野までの、その年の包装の最高峰と優秀群を決定するもので、同社は今回で ...続きを読む
  • ニュース

    J-オイルミルズ---坂出事業所の倉庫業、不動産業の譲渡契約を締結

    J-オイルミルズは、8月28日開催の取締役会において、12 月25日を最終引渡し予定日とし、坂出事業所で行っている倉庫業、不動産業等の譲渡を決議したと発表。本決議に基づき、坂出事業所の不動産売買契約および当社100%子会社である坂出ユタカサービス株式会社の株式売買契約を8月29日に譲渡先と締結している。譲渡価額は20億円、譲渡益は13億円。 <SF>
  • ニュース

    Jオイル Research Memo(6):2020年3月期の1株当たり配当金は100円(中間配当金50円)を予定

    ■株主還元1. 配当政策J-オイルミルズは、株主への安定した利益還元の維持に努めるとともに、企業体質の強化や積極的な事業展開に必要な内部留保など、長期視野に立った安定的かつ適正な利益配分を行うことを基本方針としている。2017年度に開始した第五期中期経営計画においては、連結配当性向30%以上の維持を目指している。内部留保資金の使途については、収益体質の構築による企業価値向上を目指し、経営基盤強化の ...続きを読む
  • ニュース

    Jオイル Research Memo(5):2020年3月期は高付加価値品が収益拡大をけん引し、2ケタ増益予想

    ■業績動向2. 事業戦略の進捗2020年3月期の各事業における施策は、J-オイルミルズの事業戦略における成長戦略と構造改革に沿って進められている。油脂事業が高付加価値品の拡大、汎用品の収益力強化、構造改革、油脂加工品事業が製菓・製パン領域の強化、家庭用チルド付加価値品の拡充、粉末油脂の拡大、海外展開の検討、食品・ファイン事業がソリューション提案力の強化、SOYシートの拡大、ケミカルの強化——などで ...続きを読む
  • ニュース

    Jオイル Research Memo(4):2020年3月期第1四半期は、高付加価値品の販売強化で営業増益

    ■業績動向1. 2020年3月期第1四半期の業績J-オイルミルズの2020年3月期第1四半期の業績は、売上高45,895百万円(前年同期比2.6%減)、営業利益1,903百万円(同3.1%増)、経常利益2,077百万円(同3.7%増)、親会社株主に帰属する四半期純利益1,807百万円(同1.2%減)となった。米中関係の悪化などから搾油原料相場やミール相場が低位で推移するなか、高付加価値品の販売を強 ...続きを読む
  • ニュース

    Jオイル Research Memo(3):「おいしさデザイン企業」への進化を目指す

    ■J-オイルミルズの中期経営計画1. 第五期中期経営計画2017年度に始まった第五期中期経営計画(~2020年度)は、成長性に力点を置いた計画となっており、数量の増加を期待しづらい国内においては高付加価値化、成長が期待できる海外においてはアジアでの市場開拓を目標としている。2020年に目指す姿としては、加工度の低い単純な搾油事業から、「あぶら」を究めることでおいしさを創造する「おいしさデザイン企業 ...続きを読む
  • ニュース

    Jオイル Research Memo(2):「おいしさデザイン企業」を目指し、高付加価値品を創出する

    ■事業概要1. 会社概要J-オイルミルズは、ホーネンコーポレーション、味の素製油、吉原製油の3社が統合して設立された油脂メーカー大手である。油脂事業(油脂・ミール)を基盤に、マーガリンや粉末油脂といった油脂加工品事業、スターチやケミカルといった食品・ファイン事業などを展開している。味の素グループ企業の1社だが、3社がそれぞれに培ってきた長い歴史と様々な商品群に裏打ちされたノウハウ・技術は、大きな強 ...続きを読む
  • ニュース

    Jオイル Research Memo(1):最重点施策の高付加価値品が好調。2020年3月期は2ケタ営業増益を目指す

    ■要約J-オイルミルズは、(株)ホーネンコーポレーション、味の素製油(株)、吉原製油(株)の3社が統合して設立された油脂メーカー大手である。大豆など輸入原料を国内で搾油し、国内で油脂・油糧製品を製造販売する油脂事業を主力としている。ほかにマーガリンや粉末油脂などの油脂加工品事業、スターチや化成品などの食品・ファイン事業も展開している。同社の強みは、統合した3社がそれぞれに培ってきたノウハウや技術に ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

J-オイルミルズ あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

22,079.09

+34.63

TOPIX

1,616.23

+0.56

JASDAQ

153.16

+0.53

米ドル/円

107.73

+0.03

ユーロ/円

118.66

+0.01

WTI原油

58.09

-0.04

NY金

1,515.1

+8.90

ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介