2429  東証1部

ワールドホールディングス

株価速報
お気に入り

株価(10/19)

年高値
年安値
STOP高
STOP安
2,919.0
-13.0(-0.44%)
買い

目標株価

3,548

あなたの予想

未投稿

---円

予想する

ワールドHDの株価予想

目標株価

買い
3,548 円
現在株価との差

+629.0 

読み込み中..

目標株価チャート
理論株価

(10/19)

4,125 円
この銘柄は、みんかぶリサーチによる株価診断において過去比較で割安と判断され、また相対比較でも割安と判断されます。結果、現在の株価は「割安」と結論付けました。続きを読む

直近1カ月の売買予想比率

買い  89%
売り  11%
89 11
アナリストの予想がありません

証券アナリストの予想

予想株価

---

--- 円
対象外

予想人数内訳

単位:人

強買 買い 中立 売り 強売
0 0 0 0 0
  • ニュース

    <10月19日の年初来安値更新銘柄> 10月20日

    ■ 年初来安値を更新した銘柄 (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 終値 | 前日比 | 安値 | 割安/割高 ] (1313) KDX200   東証ETF      [ 2,780.0 | +0.0 | 2,730.0 | 分析中 ] (1446) キャンディル   東証マザーズ     [ 997.0 | -54.0 | 987.0 | 分析中 ] (1480) 野村企業価値   東証E ...続きを読む
  • ニュース

    <10月18日の年初来安値更新銘柄> 10月19日

    ■ 年初来安値を更新した銘柄 (銘柄コード) 銘柄   市場    [ 終値 | 前日比 | 安値 | 割安/割高 ] (1496) iSIG債H   東証ETF      [ 2,292.0 | -8.0 | 2,290.0 | 分析中 ] (2208) ブルボン     東証2部       [ 2,180.0 | -34.0 | 2,180.0 | 割安 ] (2429) ワールドHD   ...続きを読む
  • ニュース

    ワールドHD Research Memo(8):配当性向30%を基準に配当を実施

    ■株主還元策株主還元策として、ワールドホールディングスでは事業拡大に向けた投資を優先的に進めつつ、配当性向で30%をめどに今後も配当を実施していく方針を示している。2018年12月期の1株当たり配当金は前期比0.1円増配の82.8円(配当性向30.0%)と7期連続の増配を予定している。利益が上振れすれば配当も積み増す可能性が高く、今後も収益拡大とともに配当成長が期待される。■情報セキュリティ対策情 ...続きを読む
  • ニュース

    ワールドHD Research Memo(7):2021年度の業績目標に向け順調に進捗

    ■中期経営計画について1. 中期経営計画の概要ワールドホールディングスは2021年までの中期経営計画を2017年2月に発表している。中期経営計画の基本戦略として、中期経営計画の前半では既存の3つのコアビジネスを中心として、経営基盤の強化と既存ビジネスの周辺領域への拡大を図り、後半は新たなビジネス領域への進出によって事業の裾野を拡大する計画となっている。また、事業の拡大に当たってはグループシナジーが ...続きを読む
  • ニュース

    ワールドHD Research Memo(6):2018年12月期は期初計画どおりの増収増益を達成する見通し

    ■今後の見通し1. 2018年12月期の業績見通しワールドホールディングスの2018年12月期の連結業績は、売上高で前期比14.1%増の145,137百万円、営業利益で同3.2%増の7,288百万円、経常利益で同1.1%増の7,083百万円、親会社株主に帰属する当期純利益で同0.5%増の4,635百万円と期初計画を据え置いている。売上高は9期連続の増収、当期純利益は8期連続の増益となる見通しだ。同 ...続きを読む
  • ニュース

    ワールドHD Research Memo(5):不動産事業の資金効率を高め、中期的に財務体質の改善を進めていく

    ■業績動向3. 財務状況と経営指標ワールドホールディングスの2018年12月期第2四半期末の財務状況を見ると、総資産は前期末比519百万円減少の79,520百万円となった。主な変動要因を見ると、流動資産では商品及び製品が382百万円増、売上債権が148百万円増、販売用及び仕掛販売用不動産が64百万円増となった一方で、現金及び預金が840百万円減少した。また、固定資産ではのれんが300百万円減少した ...続きを読む
  • ニュース

    ワールドHD Research Memo(4):人材・教育ビジネス、情報通信ビジネスが2ケタ増収に

    ■ワールドホールディングスの業績動向2. 事業セグメント別動向(1) ファクトリー事業ファクトリー事業の売上高は前年同期比25.3%増の23,332百万円、セグメント利益は同0.7%減の1,392百万円となった。会社計画比では売上高で5.7%増、営業利益で3.0%増となり順調に推移した。業種別の売上動向について見ると、物流分野が前年同期比50.1%増と急増し、売上構成比で34.1%を占めるまでに成 ...続きを読む
  • ニュース

    ワールドHD Research Memo(3):2018年12月期第2四半期累計業績は会社計画を上回る

    ■業績動向1. 2018年12月期第2四半期累計業績の概要ワールドホールディングスの2018年12月期第2四半期累計の連結業績は、売上高が前年同期比13.2%増の64,379百万円、営業利益が同32.8%減の2,005百万円、経常利益が同32.2%減の2,001百万円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同47.6%減の1,079百万円と増収減益決算となったものの、いずれも期初会社計画を上回って着地 ...続きを読む
  • ニュース

    ワールドHD Research Memo(2):「人材・教育」「不動産」「情報通信」の3つをコア事業に成長

    ■会社概要1. 会社沿革ワールドホールディングスは、1993年2月に現代表取締役会長兼社長の伊井田栄吉(いいだえいきち)氏が、雇用機会の創出と同時に、日本の製造業の「コスト競争力再生」に貢献するソリューションとして、人材ビジネス(製造派遣・業務請負)事業に着目し、北九州で設立した。その後、製造分野の派遣・請負だけでなく、技術開発分野や研究開発分野へと領域を広げながら事業を拡大していく。2005年に ...続きを読む
  • ニュース

    ワールドHD Research Memo(1):人材・教育ビジネスの拡大続き2018年12月期は増収増益を達成する見通し

    ■要約ワールドホールディングスは、「人材・教育ビジネス(人材派遣・業務請負事業)」「不動産ビジネス」「情報通信ビジネス」の3つの事業を柱とする持株会社。基幹事業である人材・教育ビジネスでは製造業のものづくり領域における派遣・請負が主力。近年は、物流・サービス・小売業界での競争力を高め領域を拡大中。また、不動産ビジネスも、より盤石な経営体制を構築するために戸建住宅関連に本格参入。従来のマンションデベ ...続きを読む

読み込みに時間がかかっています。
しばらくしてからもう一度お試しください。

読み込みに失敗しました。
しばらくしてからもう一度お試しください。

さらに表示

ワールドホールディングス あなたの予想は?

  • 最近見た銘柄
今日の市況
期間|日中3ヶ月6ヶ月1年3年5年
日経平均株価

22,532.08

-126.07

TOPIX

1,692.85

-11.79

JASDAQ

161.78

-0.59

米ドル/円

112.52

+0.35

ユーロ/円

129.54

+1.08

ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック