「パワー半導体」が6位にランクイン、ロームと東芝が共同生産と報じられる<注目テーマ>

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2023/12/08 12:20
「パワー半導体」が6位にランクイン、ロームと東芝が共同生産と報じられる<注目テーマ> ★人気テーマ・ベスト10
1 円高メリット
2 半導体
3 生成AI
4 人工知能
5 半導体製造装置
6 パワー半導体
7 JPX日経400
8 2023年のIPO
9 デジタルトランスフォーメーション
10 TOPIXコア30

 みんかぶと株探が集計する「人気テーマランキング」で、「パワー半導体」が6位と高位置を占めている。

 パワー半導体は、「交流を直流に変換する」「電圧を下げる」など電気エネルギーの制御や供給に用いられる半導体のこと。電力・鉄道車両・家電製品など幅広い用途で、電気をより効率的に無駄なく使うために欠かせないデバイスで、省電力・脱炭素につながることからさまざまな分野で需要が伸びている。

 特に近年需要が伸びているのが電気自動車(EV)向けで、省エネルギー性能を高めるために関連業界の設備投資が活発化。Si(シリコン)からSiC(炭化ケイ素)へ素材の移行が進んでいることもこの動きに拍車をかけている。

 この日は、7日夜の複数のメディアで、それぞれパワー半導体大手である東芝<6502.T>ローム<6963.T>が、パワー半導体を共同生産することがわかったと報じられたことも同テーマへの関心を高めるのに一役買っている。共同生産でコスト競争力を高めるのが狙いとされ、経済産業省が1200億円規模の補助を行うとしており、補助により協業が進展するとの期待も高いようだ。

 関連銘柄の動きでは、全般相場が下落するなかにあってロームは逆行高。パワー半導体向けヒートシンク(放熱基板)のテクニスコ<2962.T>も大幅反発している。そのほか、サンケン電気<6707.T>芝浦メカトロニクス<6590.T>シキノハイテック<6614.T>なども高い。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
636.0
(02/22)
+6.0
(+0.95%)
6502
4,590.0
(12/19)
-5.0
(-0.10%)
6,540.0
(02/22)
+50.0
(+0.77%)
2,375.0
(02/22)
+47.0
(+2.01%)
7,911.0
(02/22)
+111.0
(+1.42%)
6963
2,669.0
(02/22)
+54.0
(+2.06%)