SIGG Research Memo(2):独立系のシステムインテグレーター

配信元:フィスコ
投稿:2023/07/19 12:32
*12:32JST SIGG Research Memo(2):独立系のシステムインテグレーター ■会社概要

1. 会社概要
SIGグループ<4386>は「社会を変革するITイノベータ」を目指す独立系システムインテグレーターである。経営理念には「ITイノベーションにより社会の高度化に貢献する」「自己革新と研鑽により社会のニーズにこたえる」「幅広く人材を受け入れプロフェッショナルとして育成する」「会社の発展と業績の拡大によって社員の幸福を目指す」を掲げている。

2021年10月1日付で旧SIGが会社分割方式によって持株会社に移行し、商号をSIGグループに変更した。2023年3月期末時点の資産合計は4,277百万円、純資産額は1,897百万円、資本金は507百万円、自己資本比率は44.4%、発行済株式数は5,929,980株(自己株式284,710株を含む)、連結従業員数は536名である。

本社所在地は東京都千代田区九段北で、グループは同社(持株会社)、連結子会社の新SIG、Y.C.O.(2022年4月に株式を追加取得して完全子会社化)、持分法適用関連会社のアクロホールディングス(2020年10月に資本業務提携、出資比率33.4%)で構成されている。なお2023年3月末にアクロホールディングスの子会社であるアクト・インフォメーション・サービスの全株式を取得して完全子会社化(P/Lは2024年3月期より連結)した。

連結子会社の新SIGは、旧SIGからシステム開発事業及びインフラ・セキュリティサービス事業(本社管理部門、事業戦略室及び新規事業推進部に関する業務を除く)を承継した。Y.C.O.は、独立行政法人・国立大学・公益法人向けを中心に、財務会計システムなど管理業務系システム構築・運用支援を展開している。アクト・インフォメーション・サービスはNEC<6701>向けを中心にシステム開発やシステムエンジニアリングサービスを展開している。アクロホールディングスは、ITソリューション・プロダクトの提供などを展開し、グループ人員約1,200名の規模を誇っている。

2. 沿革
1991年12月に(株)エスアイインフォジェニック(東京都品川区東五反田)を住友金属工業(株)(現:日本製鉄<5401>)グループ2社50%と他の出資者50%の同比率出資で設立、1997年8月に本社を東京都文京区本郷に移転、2000年9月に住友金属工業から独立した。

その後、2005年12月に(株)ビジネスブレインと合併、2016年2月に商号をSIGに変更、本社を東京都千代田区九段北に移転、2020年10月にアクロホールディングスと資本業務提携、2021年10月に持株会社へ移行して商号をSIGグループに変更、2022年4月にY.C.O.を完全子会社化、2023年3月にアクト・インフォメーション・サービスを完全子会社化した。

株式関係では、2018年6月に東京証券取引所(以下、東証)JASDAQ(スタンダード)市場に上場、2019年6月に東証第2部に市場変更、2022年4月に東証の市場再編に伴って東証スタンダード市場へ移行した。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)

<AS>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
462.0
(10:45)
+2.0
(+0.43%)
3,595.0
(11:29)
+7.0
(+0.19%)
6701
10,200.0
(11:29)
+318.0
(+3.21%)