どこで株は差がつく?

著者:藤村哲也
投稿:2022/09/25 16:39

下がったときにどうするか?は差のつく重要なポイント

株は当たり前ですが、上がるときもあれば、下がるときもあります。

上がれば、資産は増加して、もっと将来は続いて、資産は増え続ける、と勘違いしてしまったり

逆に、下がってくると、永遠に下がり続けていくような感覚になってしまったり、

と上げ下げを一時的なものなのか、永遠に続くものなのか、判別がつきにくいのも、株の特徴の一つです。

一時的なものと判断して売りを躊躇したら、もっと下がってしまう、とか

逆に、永遠に続くものと判断して売った後に、上昇してしまったり

とか

こうゆうことが日常的に起こります。

だからこそ、サポートが重要なのです。

そうゆう中で、やはり、株が下がったときの対処法は主に以下の4つがあります

保有を継続する

再度安い値段で買う

ロスカット(損切り)する

銘柄を入れ換える

この選択が運命の分かれ道になったりすることは非常に多いのです。弊社では、常に、この4つは意識しています。

弊社の売買サポートは600回以上を超えますが、この下がったときの売買サポートが分かれ道になった例は、非常に沢山存在します。

2022年も終盤にさしかかってきました。

運命の分かれ道になっていくような売買が、いつ出ても、おかしくはない状況といえましょう。

藤村哲也
ライジングブル投資顧問代表
配信元: 達人の予想
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介