22年8月の世界市場パフォーマンス・サマリー/S&P グロ-バル

-世界の株式市場、3.63%の下落-

【2022年9月1日、東京=S&Pダウ・ジョーンズ・インデックス】

1. 全世界の株式市場パフォーマンス

 S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスの算出するS&Pグローバル総合指数(米ドル建て、配当なし。以下、全データについて同じ)によると、2022年8月の全世界の株式市場は3.63%の下落となった。8月は、先進国市場が4.16%の下落、新興国市場は1.02%の上昇となった。また、先進国大型株は4.34%の下落、先進国小型株も3.10%の下落となった(詳細は表1参照)。
 

 

2. 国別パフォーマンス

 8月の国別パフォーマンス上位は、トルコ、パキスタン、イスラエル、タイ、インドネシアの順となった。米国市場はマイナス3.94%で48ヵ国中33番目となった(表2参照)。 8月の円建てでの日本市場は、プラス1.23%であった。
 

 

3. REIT市場

 先進国の8月のREIT市場は6.34%の下落となった。国別のパフォーマンス上位は、イスラエル、日本、ニュージーランド、ドイツ、シンガポールの順となった。日本の8月のREIT市場は3.05%の下落となった。米国の8月のREIT市場は、6.08%の下落だった(表3参照)。
 

 
S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスの指数に関するより詳細な情報は、ウェブサイト( http://japanese.spdji.com/ )でご覧いただけます。

S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスは、S&Pグローバルのグループ会社であり、指数ベースのコンセプトやデータおよびリサーチを提供している。S&P500(R)やダウ工業株価指数SMのような象徴的金融市場の指標を所有し、120年超にわたり、機関投資家及び個人投資家のニーズを満たす画期的で透明性の高い投資ソリューションを構築してきた。どの指数プロバイダーの指数よりも、当社の指数を基にした金融商品により多くの資金が投資されている。世界中の幅広い資産クラスをカバーする100万超の指数を算出することで、投資家が市場を計測し取引を行う方法を明示している。詳細はウェブサイト(www.spdji.com)まで。

■免責事項

(C)S&Pグローバルの一部門であるS&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLC 2022年。不許複製。Standard & Poor’s、S&P、は、S&Pグローバルの一部門であるスタンダード・アンド・プアーズ・ファイナンシャル・サービシーズLLC(以下「S&P」)の登録商標です。「ダウ・ジョーンズ」は、ダウ・ジョーンズ・トレードマーク・ホールディングズLLC(以下「ダウ・ジョーンズ」)の登録商標です。商標は、S&Pダウ・ジョーンズ・インデックスLLCにライセンス供与されています。本資料の全体または一部の再配布、複製、そして(または)複写を書面による承諾なしに行うことを禁じます。
 


配信元: みんかぶ株式コラム

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけの
お得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは すでにプレミアム会員の方はログイン
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介