ここからは“押し目買い”で…!? - ドル円

著者:武市佳史
投稿:2022/06/24 11:15

◆ “円買い(戻し)”が進行… - 一時134円前半


昨日は弱めの欧経済指標を背景に、「欧州経済に強いブレーキ」との見方が強まりました。
このため“ユーロ売り”が進行し、“円買い(戻し)”が際立ちました。
次いで米経済指標も弱めとなったことをから、“ドル売り”も目立ちました。
このため消去法的に“円買い”がさらに促される格好となり、米10年債利回りが“3.00%”へと急低下を見せる中、ストップロスを絡めたドル円は“134.265円”へと押し下げられていきました。

◆ それでも“円売り”が後退したわけではない…


もっとも「日米金融当局の立ち位置の違い」は抗いようのない事実であり、“円買い”がそこからさらに進行することはありませんでした。
またメキシコ(0.75%)等が利上げを相次いで実施したこともあり、「日銀の緩和姿勢維持(円売り)」を改めて意識させた印象も否めないところです。
このため一巡後は緩やかに値を戻し、“135円付近(終値は134.976円)”で昨日の取引を終えています。

◆ “週末”に加え、すでに“いい水準”まで押した…?


もちろん“一旦の上値達成感”が一気に表面化した格好ですので、仮に米10年債利回りが“心理的節目(3.00%)”を明確に割り込めば、“もう一段の円買い戻し”も否めないところがあるのが事実です。
しかし本日は“週末”であり、ポジション調整を除いた“ドル売り”“円買い”は台頭しづらいと見るのが自然です。
また“6/16~6/22の38.2%押し(134.709円)”にはすでに到達し、“同50%押し(134.093円)”も昨日安値からはすぐ下といった位置関係でもあります。

株式/債券の行方を睨みつつ、センチメントの揺れ動きを確認しながらになりますが、“もう一段の円買い戻し”と見るには、少々“力不足”と考えたいところです。
…となるとここから先は、再び“押し目買い”でいい…?

◆ ドル円 抵抗・支持ライン


上値5:136.206(6/23高値)
上値4:136.000(大台、ピボット1stレジスタンス)
上値3:135.772(6/22~6/23の61.8%戻し、+1σ)
上値2:135.485(6/22~6/23の50%戻し)
上値1:135.197(6/22~6/23の38.2%戻し)
前営業日終値:134.976(大台)
下値1:134.748(6/23安値後の50%押し)
下値2:134.634(6/23安値後の61.8%押し)
下値3:134.493(6/23安値後の76.4%押し)
下値4:134.265(6/23安値)
下値5:134.093(6/16~6/22の50%押し、日足・一目均衡表転換線、ピボット1stサポート)

《10:35》

武市佳史
株式会社マネーパートナーズ チーフアナリスト
配信元: 達人の予想

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけの
お得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは すでにプレミアム会員の方はログイン
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介