白鳩---3Qも2ケタ増収、国内販売はPayPayモールに加えAmazonでの販売が好調に推移

配信元:フィスコ
投稿:2022/01/14 18:23
白鳩<3192>は13日、2022年2月期第3四半期(21年3月-11月)決算を発表した。売上高が前年同期比10.5%増の46.04億円、営業損失が0.37億円(前年同期は1.21億円の損失)、経常損失が0.60億円(同1.51億円の損失)、四半期純損失が0.32億円(同1.47億円の損失)となった。

国内販売においてPayPayモールは、クーポン等による集客施策や、商品広告の効果が大きく当第3四半期累計期間計画比113.8%、前年同期比126.4%、Amazonについては取扱商品を増やし、広告を最適化したことによって、当第3四半期累計期間計画比118.4%、前年同期比130.1%と計画及び前年を超えて売上を伸ばした。しかし、コロナウイルス感染症による影響でナショナルブランドメーカーの海外生産商品の納期が大幅に遅延し、販売の延期や商品のキャンセルを余儀なくされた影響が大きく、楽天市場等の一部モール及び本店においては、当第3四半期累計期間の前年同期比は超えることができたが、計画については下回る結果となった。また、競合他社との差別化を図るためブルーミングスタイル事業部、ラヴィアドゥ事業部による自社商品(PB商品)の積極的な開発と販売を引き続き継続し、当第3四半期累計期間では、全体売上に対するPBCB比率は26.3%と、前期末23.7%に比べ2.6%拡大した。特に2020年9月よりスタートしたPB商品の「HIMICO」が前年同期比で249%と好調に推移した。

2022年2月期通期の業績予想については、売上高が前期比8.9%増の62.00億円、営業損失が1.10億円、経常損失が1.40億円、当期純損失が1.45億円とする期初計画を据え置いている。なお、新型コロナウイルスの感染拡大が業績に与える影響は、現時点において合理的に算定することが困難であるため、計画には織り込んでいない。



<ST>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
3192
240.0
(01/25)
-6.0
(-2.44%)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介