テラプローブ急動意、台湾勢への追い風強まり1年前の高値奪回が視野

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/01/25 12:36
テラプローブ急動意、台湾勢への追い風強まり1年前の高値奪回が視野  テラプローブ<6627.T>が急動意、前引け時点で10%強の上昇をみせ1100円台に乗せている。きょうは一時123円高の1130円まで買われ、ちょうど1年前の昨年1月24日につけた昨年来高値1194円奪回が視界に入ってきた。世界的な半導体需給逼迫のなか、TSMCなど台湾のファウンドリー大手の増産ニーズが急速に高まっており、台湾の力成科技(PTI)傘下で、半導体装置分野でDRAMやシステムLSIのテスト工程受託を手掛ける同社にビジネスチャンスをもたらしている。ここにきてファンド系資金とみられる買いが流入し商いも増勢にあり、一段の上値追いを期待した資金の追随買いを誘っている。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
1,078.0
(02/24)
-35.0
(-3.14%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.5 22.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介