半導体製造装置関連は高安まちまち、オランダASMLの決算好感も目先利食い圧力意識◇

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2021/01/21 09:11
半導体製造装置関連は高安まちまち、オランダASMLの決算好感も目先利食い圧力意識◇  東京エレクトロン<8035.T>、アドバンテスト<6857.T>、レーザーテック<6920.T>、ニコン<7731.T>、SCREENホールディングス<7735.T>など半導体製造装置関連は売り買いが交錯し高安まちまちの展開となっている。半導体関連株への注目度が世界的に高まるなか、前日は半導体露光装置世界トップであるオランダのASMLが発表した20年10~12月売上高が事前のコンセンサスを上回った。ASMLは21年1~3月期の売上高も市場予測を上回る見通しとなった。これは追い風材料ながら、ここ半導体セクターは大きく水準を切り上げてきたこともあって、目先利益確定の売り圧力も観測されている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
8,750.0
(02/26)
-710.0
(-7.51%)
12,970.0
(02/26)
-730.0
(-5.33%)
7731
945.0
(02/26)
-28.0
(-2.88%)
8,300.0
(02/26)
-580.0
(-6.53%)
43,550.0
(02/26)
-2,150.0
(-4.70%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

87.5 12.5
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介