「サイバーセキュリティ」が11位にランク、不正アクセス相次ぎ重要性を再認識<注目テーマ>

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/11/19 12:20
「サイバーセキュリティ」が11位にランク、不正アクセス相次ぎ重要性を再認識<注目テーマ> ★人気テーマ・ベスト10
1 再生可能エネルギー
2 全固体電池
3 デジタルトランスフォーメーション
4 コロナウイルス
5 電気自動車関連
6 冷凍冷蔵設備
7 太陽光発電関連
8 2020年のIPO
9 5G
10 マスク

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「サイバーセキュリティ」が11位となっている。

 カプコン<9697.T>は16日、2日未明に社内システムが第三者からのサイバー攻撃を受け、グループが保有する個人情報が流出したと発表。確認できたのは従業員らのパスポート情報など9件で、ほかにも国内の顧客相談室の家庭用ゲームサポート対応情報、北米のeスポーツ運営サイトの会員情報、株主名簿情報など最大約35万件が流出した可能性があるとしている。今回の不正アクセスは「オーダーメイド型ランサムウェア」による標的型攻撃で、サーバー保存情報の暗号化やアクセスログの抹消を伴うもの。同社は既に外部のセキュリティー専門家を交えた対策会議を開始し、今後外部専門家によるシステムセキュリティーに関するアドバイザリー組織を新設するとしている。

 また、東建コーポレーション<1766.T>は17日、グループのネットワークが第三者による不正アクセスを受け、顧客の個人情報が最大65万7096件流出した可能性があると発表した。同社は10月20日の社内調査で、グループで使用するホームページから個人情報を保管していたサーバーに不正アクセスされたことが発覚。これを受けて第三者機関による調査とセキュリティー対策を実施するとした。

 相次ぐ攻撃でサイバーセキュリティーの重要性が再認識されており、ソリトンシステムズ<3040.T>、セキュアヴェイル<3042.T>、テリロジー<3356.T>、FFRI<3692.T>、フーバーブレイン<3927.T>、ニーズウェル<3992.T>、SBテクノロジー<4726.T>、ジャパンシステム<9758.T>などのビジネス機会は更に広がりそうだ。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
7,990.0
(15:00)
-30.0
(-0.37%)
1,816.0
(15:00)
+2.0
(+0.11%)
637.0
(15:00)
0.0
(---)
489.0
(15:00)
-3.0
(-0.61%)
2,276.0
(15:00)
-16.0
(-0.70%)
944.0
(15:00)
-7.0
(-0.74%)
672.0
(15:00)
+2.0
(+0.30%)
3,400.0
(15:00)
+30.0
(+0.89%)
7,100.0
(15:00)
+130.0
(+1.87%)
621.0
(15:00)
+5.0
(+0.81%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

58.4 41.6
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介