スカラがカイ気配で水準切り上げる、業務提携戦略で官民のDX投資需要取り込みへ

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/09/28 09:11
スカラがカイ気配で水準切り上げる、業務提携戦略で官民のDX投資需要取り込みへ  スカラ<4845.T>が寄り付き大口の買い注文に値がつかず、カイ気配で水準を切り上げている。同社は企業向けASPサービスなどを主力に企業や自治体のデジタルトランスフォーメーション(DX)投資需要を取り込んでいる。そうしたなか、25日取引終了後、日本初の官民共創を展開するPublic dots & Company社(東京都渋谷区)と業務提携し、共創型DXプラットフォームシステム「CO-DO」の開発に着手することを発表、これを手掛かり材料に短期資金の攻勢が加速する形となった。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
4845
923.0
(15:00)
-36.0
(-3.75%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

70.2 29.8
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介