PSSは続急伸、新型コロナウイルス感染症向け診断システム実現へ

配信元:みんかぶ
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/02/17 13:18
 プレシジョン・システム・サイエンス<7707.T>は続急伸している。14日の取引終了後、新型コロナウイルス感染症の問題に対して、自動化システムを用いた診断システムの実現を目指すと発表しており、これが好感されている。全自動遺伝子診断システム「geneLEAD」シリーズなどの活用と改良により、空港や港湾、保健所、衛生研究所、病院の現場で体内のウイルスの有無を迅速かつ正確に判定できるシステムを構築するとしている。

 同時に、第2四半期累計(19年7~12月)連結決算を発表しており、売上高20億3100万円(前年同期比0.5%減)、営業損益2億100万円の赤字(前年同期400万円の赤字)だった。なお、20年6月期通期業績予想は、売上高46億円(前期比5.0%増)、営業利益3000万円(同81.6%減)の従来見通しを据え置いている。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんかぶ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
543.0
(15:00)
+80.0
(+17.27%)

みんかぶプレミアム会員なら
広告非表示で利用できます

※サイトからのお知らせは除きます

広告非表示の他にも、みんかぶプレミアム会員だけの
お得なサービスが盛りだくさん!

みんかぶプレミアムとは すでにプレミアム会員の方はログイン
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介