「インフルエンザ関連」が5位にランク、流行ピーク迎える<注目テーマ>

配信元:みんなの株式
著者:MINKABU PRESS
投稿:2020/02/07 12:23
「インフルエンザ関連」が5位にランク、流行ピーク迎える<注目テーマ> ★人気テーマ・ベスト10
1 マスク 
2 コロナウイルス 
3 5G 
4 エイズ 
5 インフルエンザ関連 
6 半導体 
7 テレワーク 
8 教育ICT 
9 ワクチン療法 
10 人工知能

 みんなの株式と株探が集計する「人気テーマランキング」で、「インフルエンザ関連」が5位となっている。

 新型コロナウイルス感染による肺炎が世間を騒がせる一方、米国では、1月25日まで今シーズンのインフルエンザ患者数が1900万人、死者数が1万人を超えたことが伝わっており、インフルエンザに対する警戒感が高まっている。日本では、厚生労働省が1月31日に発表した「インフルエンザの発生状況」によると、全国で警報レベルを超えている保健所地域は150カ所(44都道府県)、注意報レベルを超えている保健所地域は300カ所(47都道府県)あった。毎年2月には流行のピークを迎えるなか、インフルエンザの治療に関しては、できるだけ早期の投薬や治療が重症化を防ぐとされるだけに、感染防止へ向けた取り組みが活発化している。

 対策関連銘柄として注目されるのは抗インフルエンザウイルス薬「ゾフルーザ」を手掛ける塩野義製薬<4507.T>だ。同薬に加えて、同社は19年に創薬ベンチャーで感染症ワクチンなどを手掛けるUMNファーマ<4585.T>に対するTOBを実施し、ワクチン事業に本格参入への足掛かりを確保した。また、同じく抗インフル薬を手掛ける中外製薬<4519.T>や第一三共<4568.T>にも関心が高まっている。

 更に、予防の観点からマスクを手掛けるユニ・チャーム<8113.T>やホギメディカル<3593.T>のほか、洗浄剤のニイタカ<4465.T>、除菌関連では「クレベリン」を製造販売する大幸薬品<4574.T>、ドラッグストアのウエルシアホールディングス<3141.T>、マツモトキヨシホールディングス<3088.T>などが注目される。

出所:MINKABU PRESS
配信元: みんなの株式

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
4,240.0
(11:30)
-95.0
(-2.19%)
3,610.0
(11:30)
-45.0
(-1.23%)
3,110.0
(11:30)
-45.0
(-1.43%)
2,913.0
(11:30)
-3.0
(-0.10%)
5,727.0
(11:30)
-42.0
(-0.73%)
5,762.0
(11:30)
+11.0
(+0.19%)
3,719.0
(11:30)
+54.0
(+1.47%)
1,621.0
(11:30)
-5.0
(-0.31%)
534.0
(03/13)
-2.0
(-0.37%)
4,975.0
(11:30)
-25.0
(-0.50%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

79.6 20.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介