アライドアーキ Research Memo(3):独自のSaaSとソリューションによりSNSマーケティングを支援(2)

配信元:フィスコ
投稿:2019/12/04 15:13
■アライドアーキテクツ<6081>の会社概要

(3) クリエイティブプラットフォーム事業
2014年3月に設立した海外子会社Creaditsが広告クリエイティブに特化したグローバルプラットフォーム「CREADITS(R)」を展開している。「CREADITS(R)」は、契約プラン(月額固定料金)に応じて付与される購入権チケット「CREADITS(R)」と引き換えに、世界中の広告クリエイター(100ヶ国1万人超)からの質の高い広告クリエイティブを短時間で利用できるシェアリングエコノミー型のプラットフォームとなっている。また、独自開発の人工知能(AI)の活用により、より効果的なクリエイティブの提供をサポートする機能が組み込まれている。GoogleやFacebookなどのプラットフォームにとってはメディア収益の最大化、広告主にとっては広告効果の最大化、広告クリエイターにとっては生産性の最大化(及びビジネス機会の獲得)を実現することから、すべてのプレーヤーに対して価値提供が可能となっている。サービス提供を開始して以来、より完成度を高めるための先行投資や試行錯誤を繰り返してきたが、2018年6月に現在の新モデルをリリース。まだ売上規模は小さいものの、サブスクリプションモデルとして順調に伸びている。2019年6月には、Googleの新たなプログラムである「You Tube creative partner」及び「App preferred creative partners」のパートナーに選定された。

2. 企業特長
(1) 成長モデル
同社の売上高は、「顧客企業数」と「顧客単価」の掛け算方式で積み上げられる(ストック型ビジネス)。すなわち、SaaSにより「顧客企業数」の拡大を図るとともに、比較的広告予算のある大手企業に対しては、顧客ニーズに合わせた様々なソリューションを組み合わせた総合提案により「顧客単価」の向上を目指す成長モデルと言える。なお、顧客からの収益源は、SaaSによるサービス利用料(月額課金)をコアとするほか、キャンペーンなどにかかる各種ソリューション(インフルエンサー、制作、運用、コンサルティング、プランニング、広告、インバウンド、越境など)によって構成されることから、「顧客単価」の向上のためには、キャンペーン開催頻度を増やすことやサービス間のクロスセル(組み合わせ)などを推進することが重要となる。特に、「ファン・リレーションシップ・デザイン」構想の実現に向けては、WebやSNSに限らず、リアルの場を含めた「ファン」とのつながりをいかに創り出していくのかが、これからの「顧客単価」向上のカギを握るものと考えられる。

(2) 収益構造
主力のSNS関連サービスにかかる原価はSaaS運営費(サーバー費用)がほとんどであり、基本的には利益率の高い事業モデルである。一方、広告関連サービスについては、広告原価がかかってくるため、広告収入の拡大(売上構成比率の拡大)は売上高を伸ばすことには大きく貢献するものの、売上総利益率の低下を招くことに注意が必要である。したがって、同社の本来の業績の伸びを見るためには、売上高よりも売上総利益の動きを追うのが妥当と言える。

一方、取引の基盤となるSaaS型の独自プロダクトについては、積み上げ型の月額または従量課金モデルである上、追加的な費用負担の少ないプラットフォームビジネスであるため、売上高が増えれば増えるほど、収益性が高くなるところに特徴がある。特に、海外子会社の展開する「CREADITS®」の原価率(20%強)は著しく低いため、損益分岐点売上達成後の利益成長が期待できる。

また、同社は成長フェーズにあるため、広告宣伝費や開発費、M&Aにかかる費用など、将来に向けた先行費用の掛け方(政策的な判断)が営業利益率を左右するところにも注意する必要がある。

(3) 同社の優位性
同社の優位性は、マーケティング領域において企業を取り巻く環境が大きく変化する中、他社に先駆けて生活者やファンとの関係性を重視するマーケティング支援を展開し、そのためのツールとしてのSaaSやソリューションの提供により、独自のポジショニングを確立したところにある。特に、マーケティングプラットフォームの最大の成功要因は、会員ユーザーをいかに増やし、エンゲージメントを創出するかにかかっているが、会員ユーザーは魅力的なキャンペーンが充実しているところに集まる一方、顧客企業も会員ユーザー数の多いところを選ぶことから相互に作用し合う好循環が生まれやすい。また、集客のための広告宣伝費や機能強化等への開発費などにスケールメリットが働く事業モデルであることから、国内最大級の会員ユーザーや顧客基盤、SNS各社との強固なネットワークを有する同社には大きなアドバンテージがある。

また、市場ニーズの拡大に合わせてサービスの拡充(進化)を図ってきたことや、これまで積み上げてきた実績を生かし、顧客企業のファンベースマーケティングをワンストップで支援できるところも、今後の事業拡大に向けて大きな武器と言える。さらには、中華圏向けインフルエンサープロモーション支援(越境・インバウンドプロモーション事業)や、クリエイティブに特化したグローバルプラットフォーム(CRESDITS(R))など、ポテンシャルの大きな領域において独自のビジネスモデルを展開しているところも、今後の成長加速に向けて大きな原動力になるものと考えられる。

3. 沿革
同社は2005年、インターネットを活用したマーケティング支援を目的として、現代表取締役会長の中村壮秀(なかむらまさひで)氏によって設立された。中村氏は、住友商事<8053>を退職後、インターネットビジネスの可能性を信じて、ゴルフダイジェスト・オンライン<3319>の創業に参画し、東証マザーズ上場に貢献した。そこでクチコミの重要性を実感するとともに、社会的意義や市場の大きさを確信したことが、人と企業のエンゲージメントの創出を使命とする同社を設立した経緯である。

2006年にホームページ制作事業の立ち上げと、各分野のエキスパートによるクチコミサイトをスタートさせた。当初はプロやブロガー等のセミプロ向けのコミュニティサイトを運営していたが、2008年に一般ユーザーを対象としたファンサイトモールをスタートさせ、現在の事業モデルが立ち上がった。

事業拡大の転機となったのは、2011年からFacebook向けにサービスを開始したことである。このことが、会員ユーザーの獲得に拍車をかけ、同社の成長を支えてきた。その後もTwitter(2012年)やInstagram及びLINE(両社ともに2015年)との連携も開始している。

2013年11月に東証マザーズに上場。2014年3月にはシンガポールに子会社を設立し、SNS広告クリエイティブ制作事業を立ち上げた(現在は広告クリエイティブプラットフォーム「CREADITS(R)」の運営を行う)。また、2016年4月には中国最大規模のSNS「Weibo」の公式マーケティング会社IMSと提携し、「Weibo」の公認サービス「WEIQ」の日本における独占販売契約を締結するなど、越境プロモーション事業の拡大に向けて足掛かりを築いた。

(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)


<YM>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
689.0
(12/06)
+4.0
(+0.58%)
423.0
(12/06)
+5.0
(+1.20%)
1,650.0
(12/06)
-2.0
(-0.12%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

83.6 16.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介