日本郵政が上場来初の4ケタ大台割れ、低調な業績懸念して見切り売り◇

投稿:2019/08/13 11:18
日本郵政が上場来初の4ケタ大台割れ、低調な業績懸念して見切り売り◇  日本郵政<6178.T>の下値模索が続き、きょうは一時11円安の994円まで水準を切り下げ、上場して初めて4ケタ大台を割り込んだ。前週末9日取引終了後に発表した19年4~6月期決算は経常利益が前年同期比3.8%減の2022億3800万円だった。通期業績見通しについては従来見通しを据え置いているものの、6月下旬から相次いで明るみに出たかんぽ生命保険<7181.T>の不適切販売については、日本郵政の4~6月期業績にはほとんど反映されていないため、下方修正リスクを嫌気した見切り売りを誘っている。

(注)タイトル末尾の「◇」は本文中に複数の銘柄を含む記事を表しています。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
995.0
(15:00)
+3.0
(+0.30%)
1,558.0
(15:00)
+5.0
(+0.32%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

89.9 10.1
  • 買い予想上昇
  • 売り予想上昇
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介