CSPが急反発、機械警備拡販強化の一環としてCTD社を子会社化へ

投稿:2019/03/26 13:24
CSPが急反発、機械警備拡販強化の一環としてCTD社を子会社化へ  CSP<9740.T>が急反発している。同社は25日大引け後、シーティディーネットワークス(CTD、東京・中央区)の株式を51%取得し連結子会社化することを発表した。これによる業容拡大効果を見込む形で短期資金が買いを入れた。

 CTDは、電気通信システム及び電気設備の設計・施工・メンテナンスを総合的に提供し、その子会社であるグラスフィアジャパン(GJ)は、監視カメラ・通信ネットワーク機器・各種デバイス機器などの設計開発・製造・販売を手掛けている。取得の目的は同社の画像関連サービスを中心とした機械警備の拡販を強化するためとしている。株式の譲渡は4月15日を予定している。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
5,470.0
(04/19)
+40.0
(+0.74%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

87.6 12.4
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介