マザーズ先物見通し:買い戻し先行もバイオ関連株の動向など注視

投稿:2019/03/18 08:20
本日のマザーズ先物は、前週末の米株高を受けて投資家心理が上向き、買い戻しの動きが先行して始まりそうだ。前週末のマザーズ市場では、このところ人気を集めていたアンジェス<4563>や窪田製薬HD<4596>といったバイオ関連株、さらにPSS<7707>などに利益確定の売りが広がり、マザーズ指数、マザーズ先物ともに続落した。その後の夜間取引でもバイオ関連株の下落傾向が続いたため、本日もバイオ関連株安が続けばマザーズ先物に悪影響を及ぼす可能性がある。一方、今期2ケタ増収増益見通しのエニグモ<3665>、同じく大幅な増益の可能性があるSKIYAKI<3995>といった好決算銘柄を中心に物色人気を集めることが想定される。活発な中小型株物色は続きそうで、マザーズ指数の先高期待から先物にも買いが入るだろう。上値のメドは910.0pt、下値のメドは885.0ptとする。 <FA>
配信元: フィスコ

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
3,035.0
(05/23)
-70.0
(-2.25%)
946.0
(05/23)
-49.0
(-4.92%)
670.0
(05/23)
-32.0
(-4.56%)
331.0
(05/23)
-32.0
(-8.82%)
451.0
(05/23)
-20.0
(-4.25%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

69.7 30.3
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
公式アプリ
国内最大級の株と投資の総合アプリ
掲示板
投資家の売りたい買いたいが一目でわかる
投資信託
利益とリスクでの検索や注目の投信をご紹介