ジーンテクノ、共同開発先がダルベポエチンアルファバイオ後続品の製造販売承認を申請

2018/09/28 15:58
 ジーンテクノサイエンス<4584.T>がこの日の取引終了後、三和化学研究所(名古屋市東区)と共同で研究開発を進めてきたダルベポエチンアルファのバイオ後続品(バイオシミラー)について、三和化学研究所が厚生労働省へ医薬品製造販売承認申請を行ったと発表した。

 ダルベポエチンアルファは、保存期慢性腎臓病から透析期までの腎性貧血患者に対して、腎性貧血の症状を改善する目的で広く使用されている医薬品で、先行品の国内における年間売り上げは約500億円規模といわれている。同剤の製造承認取得後は三和化学研究所が販売を行い、ジーンテクノは三和化学研究所と販売売り上げに応じて利益を配分することになっているという。なお、同件による19年3月期業績への影響は軽微としている。

出所:minkabuPRESS
配信元: minkabuPRESS

関連銘柄

銘柄名称 株価 前日比
885.0
(11:27)
+7.0
(+0.80%)
最新24時間の予想傾向(%)

予想投稿数 比率(%)

77.0 23.0
個人投資家の予想(新着順)
ヤフーファイナンスお勧め
中国株投資情報
香港上海など株式最新情報
マーケット概況
東京市場、今日の状況は?
株予報
決算予定や業績をチェック