ニュース

リバウンド上昇中。株価はまだ上がる?【2018/03/19-03/23】

ひとまずはトレンドフォロー戦略で

日経平均株価は3月16日金曜日、2万1,676.51円で取引を終えました。
前回「現在はリバウンド上昇に転じている。年度末相場になる可能性もあり、トレンドフォロー戦略でよいだろう」と解説しました。
株価は目標株価の範囲内で取引を終えた一週間でした。

米国の株式市場も戻り売りにおされた一週間でした。
ドル円相場は小動きの一週間でした。

気になるのは、日経平均株価の今後の動きです。

株価チャートを分析する限りでは、2月14日と3月5日ににつけた安値で二番底を形成したチャートパターンになっています。
短期的には、レンジ内でのリバウンド上昇に転じているようです。
目標上値は2万2,500円、下値は2万1,350円、それぞれプラスマイナス150円とします。
ひとまずは権利確定に向けて、トレンドフォロー戦略でよいでしょう。
なお、新興市場や中小型株に銘柄選別の動きが出ていますので、個人投資家のマインドも悪くはないでしょう。新トレンドのはじまりをとらえたいところです。

88df8aed8

横山利香 (よこやまりか)

認定テクニカルアナリスト(CFTe)
配信元:達人の予想