ニュース

ドル円揉み合い継続へ・・・・・

米3連休前のポジション調整中心・・・・・

昨日の海外市場では日経平均株価急落を受けたリスク回避の円買いが続き、ドル円もじり安の展開となりました。

米・フィラデルフィア連銀景況指数が33年ぶりの強い数字となったものの、ドルを買う動きは限定的であり、米国債利回りの低下を横目に、113.00円台まで下げ幅を拡大しました。

本日の東京時間には、日経平均株価が続落したものの、米国債利回りがやや上昇した為、ドル円は113円台半ばまで反発しましたが、上値の重い状況に変化はありません。

今夜の海外時間は米景気先行指数の発表程度しか材料は無く、今週末、米市場は3連休となる為、ポジション調整の動きによる狭いレンジでの揉み合いが続くものと思われます。

6ccec2bb0

柳澤浩 (やなぎさわひろし)

(株)FXプライム byGMOチーフアナリスト
配信元:達人の予想