TAROSSAさんのブログ

最新一覧へ

« 前へ34件目 / 全5806件次へ »
ブログ

東宝の決算は映画好調で純利益24%増&増配と自社株買い・消却

東宝が14日発表した2019年3~11月期の連結決算は、純利益が前年同期比24%増の294億円で、主力の映画事業で自社配給の作品などが好調に推移したようです。

売上高にあたる営業収入は7%増の2011億円だったそうです。
自社配給のアニメーション映画「天気の子」が興行収入140億円を超え、9月公開の「記憶にございません!」のほか、他社の洋画作品なども好調だったようです。

2020年2月期通期の連結業績については従来予想を据え置き、営業収入は前期比3%増の2540億円、純利益は14%増の345億円を見込むそうです。
同社の浦井敏之常務は同日の都内での記者会見で、通期業績について「足元までの状況をみると若干(計画に対して)強含みかなと思っている」と述べたそうです。

あわせて2020年2月期の年間配当予想を55円とし、従来予想の35円から上積みしたそうです。
好調な業績を受けて、期末に20円を特別配当し、前期の45円からは10円の増配となるそうです。

加えて自社株買いと自己株式の消却も発表し、75億円、発行済み株式総数(自己株式を除く)の1.11%にあたる200万株を上限に自社株を買い入れるそうです。
取得期間は15日~2021年1月14日だそうです。
また、消却前の発行済み株式総数(自己株式を除く)の1.32%にあたる250万株を31日に消却するとのことです。

純利益はこのままいけばもっといきそうな気がしますが、どうなんでしょうね。

9602:4.550円


コメントを書く
コメントを投稿するには、ログイン(無料会員登録)が必要です。